コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーサン Poussin, Gaspard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーサン
Poussin, Gaspard

[生]1615
[没]1675
フランスの画家。本名 G. Dughet。 N.プーサンの義弟でローマで活躍。 C.ロランのロマン主義,プーサンの古典主義を基礎に,雄大な風景画を描いた。主要作品はローマのサン・ビターレ聖堂のフレスコ画。

プーサン
Poussin, Louis de la Vallée

[生]1869.1.1. リエージュ
[没]1938.2.18. ブリュッセル
ベルギーの仏教学者。ガン大学教授としてギリシア語,ラテン語を講じながら,インド学,特に仏教学の研究に専念した。サンスクリット語,チベット語,漢語に通じ,大小とりまぜて約 324以上のすぐれた業績を発表してヨーロッパ仏教学界の推進力となった。著書『仏教史』 Histoire du Bouddhisme (1898) ,『インド史』L'histoire de l'Inde (3巻,1924~35) など。訳書"Madhyamakāvatāra" (07~12) ,"L'Abhidharmakośa de Vasubandhu" (6巻,23~31) など。

プーサン
Poussin, Nicolas

[生]1594. レザンドリー近郊ビレール
[没]1665.11.19. ローマ
フランスの画家。 1612年頃パリに出てマニエリスムの画家たちに師事。 24年ローマにおもむき,以後 40~42年にルイ 13世の宮廷画家としてパリに戻ったほかは,生涯ローマで活動。神話やペイサージュ・エロイックなど古典世界の表現に向い,正確な形態と秩序ある構図に基づく静謐な作風を展開して,フランス古典主義美術の確立者として仰がれた。美術アカデミーの C.ル・ブランはプーサンの精神を美術教育の指針とし,のちの J.ダビッド新古典主義美術もその伝統にそって展開した。主要作品『聖エラスムスの殉教』 (1629,バチカン美術館) ,『アルカディア牧人 (われもまたアルカディアにありき) 』 (ルーブル美術館) ,連作『四季』 (60~64,同) ,『アポロンとダフネ』 (65,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プーサン(Nicolas Poussin)

[1594~1665]フランスの画家。主にイタリアで活躍。フランス古典主義絵画の代表者で、神話画・宗教画・風景画を多く描いた。作「アルカディアの牧人」など。プッサン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

プーサン【Nicolas Poussin】

1594~1665) フランスの画家。端正な画風の宗教画・風景画を描き一七世紀古典主義を代表する。代表作「アルカディアの牧人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

プーサンの関連キーワードオスカー ラインハルトプーシキン国立美術館プティ・パレ美術館カスティリオーネシャンパーニュカラバジェスキシャンティイ城コンデ美術館ドメニキーノデュフレノア伊藤 雄之助リール美術館バロック美術ホイスマンス風景式庭園デュケノア6月15日バルテュス新古典主義ウィルソン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android