コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーサン プーサンPoussin, Gaspard

6件 の用語解説(プーサンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーサン
プーサン
Poussin, Gaspard

[生]1615
[没]1675
フランスの画家。本名 G. Dughet。 N.プーサンの義弟でローマで活躍。 C.ロランロマン主義プーサン古典主義を基礎に,雄大な風景画を描いた。主要作品はローマのサン・ビターレ聖堂フレスコ画。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

プーサン
プーサン
Poussin, Louis de la Vallée

[生]1869.1.1. リエージュ
[没]1938.2.18. ブリュッセル
ベルギーの仏教学者。ガン大学教授としてギリシア語ラテン語を講じながら,インド学,特に仏教学の研究に専念した。サンスクリット語チベット語,漢語に通じ,大小とりまぜて約 324以上のすぐれた業績を発表してヨーロッパ仏教学界の推進力となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

プーサン
プーサン
Poussin, Nicolas

[生]1594. レザンドリー近郊ビレール
[没]1665.11.19. ローマ
フランスの画家。 1612年頃パリに出てマニエリスムの画家たちに師事。 24年ローマにおもむき,以後 40~42年にルイ 13世の宮廷画家としてパリに戻ったほかは,生涯ローマで活動。神話やペイサージュ・エロイックなど古典世界の表現に向い,正確な形態と秩序ある構図に基づく静謐な作風を展開して,フランス古典主義美術の確立者として仰がれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プーサン(Nicolas Poussin)

[1594~1665]フランスの画家。主にイタリアで活躍。フランス古典主義絵画の代表者で、神話画・宗教画・風景画を多く描いた。作「アルカディアの牧人」など。プッサン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

プーサン

1953年公開の日本映画。監督:市川崑、原作:横山泰三による同名の4コマ漫画、脚本:和田夏十。出演:伊藤雄之助越路吹雪藤原釜足三好栄子小林桂樹、木村功、八千草薫ほか。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

プーサンの関連キーワード談林十百韻光の科学史本阿弥光悦元和人形浄瑠璃西川甚五郎イタリア演劇古唐津石川康勝大野治長

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プーサンの関連情報