コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベクレル ベクレル Becquerel, (Antoine-)Henri

13件 の用語解説(ベクレルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベクレル
ベクレル
Becquerel, (Antoine-)Henri

[生]1852.12.15. パリ
[没]1908.8.25. ロアールアトランティック,クロアシック
フランス物理学者。祖父も父も物理学者。パリのエコール・ポリテクニクを卒業後,土木学校で学び,土木技師となった (1877) 。 1892年祖父および父がその地位にあった国立自然史博物館教授となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベクレル
ベクレル
becquerel

放射能国際単位系 SI組立単位(→SI組立単位)。記号は Bq。1Bqは 1秒間に 1個の壊変(→自然崩壊)を起こす放射線源放射能。壊変毎秒を表す単位 dpsおよびキュリー(Ci)に代わって用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ベクレル

SIの放射能の単位。固有の名称を持つ組立単位で、フランスの物理学者名にちなむ。放射能は物質が自発的に放出する放射線の単位時間当たりの数で表され、ベクレルは毎秒の数。ベクレル単位で表される量は、核種の壊変の活性度であり、放射線のエネルギーや危険度とは比例しない。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベクレル(Antoine Henri Becquerel)

[1852~1908]フランスの物理学者。ウランの自然放射能を発見し、キュリー夫妻のラジウム発見の手がかりをつくった。1903年ノーベル物理学賞受賞。

ベクレル(becquerel)

放射性物質放射線を出す能力を表す単位。国際単位系(SI)の放射能の単位で、1個の放射性核種が1秒間に1回崩壊して放射線を放出する場合、1ベクレルとなる。その量は放射線のエネルギーや人体への危険度とは異なる。名称は放射能の発見者であるフランスの物理学者アンリ=ベクレルに由来する。記号Bq。
[補説]放射線被曝(ひばく)の人体への影響を表す単位シーベルトに換算するには、放射性核種の種類、または経口や吸入などの摂取の違いに対応する実効線量係数を、ベクレルの値に乗じて求める。一般に、放射性物質が混入した食品や土壌の放射能の強さは、単位重量当たりの値で表され、具体的には、放射性セシウムによる放射能の基準値は、一般食品1キログラム当たり100ベクレルなどと定められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベクレル

フランスの物理学者。エコール・ポリテクニクと土木学校で学び,1885年一級土木技師,1895年エコール・ポリテクニク教授。磁気による偏光面の回転,リン光,赤外線スペクトル等を研究,1896年ウラン鉱石から出る新しい放射線を発見,放射能研究の端緒を開いた。
→関連項目キュリーキュリー

ベクレル

放射能の単位。記号Bq。原子核の崩壊(または自然核分裂)の割合が毎秒1であるときの放射能が1Bqである。放射能とは,原子核がβ線とかα線などを放出して崩壊したり,自然核分裂を起こしたりすることの時間的な割合である。
→関連項目キュリー(単位)指定廃棄物放射能

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ベクレル

 放射性物質の量の単位.SI単位の一つ.1秒に1個の放射性核種が壊変する量を1Bqとする.3.7×1010Bqが1キュリー(Ci).

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベクレル【becquerel】

放射能の単位で,記号Bq。原子核の崩壊(または自然核分裂)の割合が毎秒1であるときの放射能が1Bqである。放射能とは,原子核がβ線とかα線などを放出して崩壊したり,自然核分裂を起こしたりすることの時間的な割合である。放射能の単位として,以前からキュリー(記号Ci)が用いられているが,1975年の国際度量衡総会で放射能の単位としてベクレルが制定された。1Ciは3.7×1010Bqに等しい。放射能の発見者A.H.ベクレルにちなんで名づけられた。

ベクレル【Antoine Henri Becquerel】

1852‐1908
フランスの物理学者。パリの生れ。祖父アントアーヌ,父アレクサンドルも物理学者で,パリの自然史博物館の教授を務めた。1872年エコール・ポリテクニクに入り,その後土木工学校で工学を学ぶ。78年自然史博物館に職を得て研究を開始,初期には,磁場中での光の偏光面の回転,赤外線スペクトル,結晶による光の吸収など,主として光学の研究に携わった。父の死後,92年同博物館物理学教授職を継ぎ,95年にはエコール・ポリテクニクの教授となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベクレル【becquerel】

放射能の壊変強度を表す SI 単位。一ベクレルは、放射性核種が一秒間に一つの割合で崩壊する放射能。一キュリーは 3.7×1010 ベクレル。記号 Bq   → キュリー

ベクレル【Antoine-Henri Becquerel】

1852~1908) フランスの物理学者。1896年にウランの放射能を発見。放射線の電離作用・蛍光作用などを研究、原子物理学発展に寄与。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

ベクレル【becquerel】

放射能の国際単位。記号は「Bq」。1Bqは放射性物質の崩壊数が1秒間に1つであるときの放射能の量。放射能の生体への影響の程度や危険度は表さない。ラジウム1gの放射能は約3.7×1010Bqである。◇名称は、フランスの物理学者ベクレルにちなむ。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベクレルの言及

【キュリー】より

…この発見は,1900年にパリで開かれた国際物理学会議でも報告され世界的に認められた。03年には,A.H.ベクレルとともに夫妻でノーベル物理学賞を受賞。放射線の本性や放射線のエネルギー源についての重大な未解決問題は,その後E.ラザフォードを中心に行われる原子の構造解明の研究へと発展する。…

【キュリー】より

…名は,ラジウムの発見者キュリー夫妻にちなんだものであり,1gのラジウムの放射能はほぼ1Ciである。国際単位系(SI)では1975年にベクレル(Bq)を放射能の単位として採用,キュリーのかわりに用いられることが多い。1Ci=3.7×1010Bqである。…

【X線】より

… 一方,X線の発見およびその研究は物理学の進歩に大きな波及効果を及ぼした。例えば,X線の発見に刺激を受けたA.H.ベクレルは,蛍光物質の中にはX線を放射するものがあるのではないかと考え,種々の物質を用いての実験を行ったが,1896年ウラン塩からX線とは異なる放射線が出ていることを発見しているし,また1922年,A.H.コンプトンによる散乱X線のコンプトン効果の発見は,電磁波(光)の粒子性の直接の証拠となったものとして有名である。
[基本的性質]
 X線の最大の特徴は,物質を透過する力(透過能という)が大きく,物質に吸収されにくいことである。…

【放射線】より

…これらの放射線は親核の寿命のためにしだいに減衰していくのが特徴であるが,これに対し,原子炉での核分裂や,加速器ビームによる核反応の際には,反応と同時に多くの中性子線やγ線が発生する。 放射線は,1896年,フランスのA.H.ベクレルが,ウランから放出されるのを発見したのが最初で,これに引き続いてM.キュリーらによってラジウム,ポロニウムからも同様の放射線が出ていることが明らかにされ,99年にはE.ラザフォードが透過力の小さい放射線にα線,大きいほうにβ線の名を与えた。さらに,1900年,フランスのP.ビラールは,磁場によって曲げられず,非常に透過力の強い第3の放射線が存在することを発見し,この放射線はγ線と呼ばれた。…

※「ベクレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベクレルの関連キーワード核種放射能線量放射性残留放射能経根吸収放射性プルーム誘導放射能ベクレルとシーベルト放射性セシウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベクレルの関連情報