コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトロ Berthelot, Henri-Mathias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトロ
Berthelot, Henri-Mathias

[生]1866
[没]1927
フランスの軍人,将軍。第1次世界大戦当初,J.ジョフル元帥の部下として活躍。 1917年以来シャンパーニュ戦線において F.フォッシュ元帥のもとで軍団を指揮した。 18年ドナウ戦線のフランス軍司令官としてブカレストに転戦した。

ベルトロ
Berthelot, (Pierre-Eugène-) Marcellin

[生]1827.10.27. パリ
[没]1907.3.18. パリ
フランスの化学者。コレージュ・ド・フランスの助手 (1851) から,薬学校教授 (59) を経てコレージュ・ド・フランスの有機化学教授 (65) となる。また科学アカデミー会員 (73) 。文相 (86~87) ,外相 (95~96) をもつとめる。 1900年学士院会員。グリセリンの研究が彼の化学者としての名声を確立した。またアルコール,カルボン酸の研究,アセチレン (60) ,ベンゼン (66) などの合成,反応速度論など有機化学の重要な研究成果をあげた。有機化合物の生成反応には生命過程が不可欠であるという一般的考えに反対し,さらに化学反応一般は力学法則で説明されなければならないという信念をもっていた。化学教育にも熱心で,きわめて多くの論文,著書を出版した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルトロ

フランスの化学者,政治家。1865年コレージュ・ド・フランス教授。有機化合物の合成反応を研究,のち燃焼熱の測定などを行い熱化学の開拓に貢献。ほかに土中微生物による窒素固定についての研究などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルトロ【Pierre Eugène Marcellin Berthelot】

1827‐1907
フランスの化学者。有機合成化学や熱化学の体系化に重要な貢献をした。医者の子としてパリに生まれた。成績優秀であったにもかかわらず,エコール・ポリテクニクやエコール・ノルマル・シュペリウールには入学せず,私立の研究所などで化学を学んだ後,コレージュ・ド・フランスの化学教授であったバラールA.J.Balard(1802‐76)の助手を8年間務めた。1859年薬学校の教授となり,65年にはコレージュ・ド・フランスの有機化学の教授に就任して,その後生涯その職にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベルトロ【Marcelin Berthelot】

1827~1907) フランスの化学者。有機化合物の合成についての研究を大成。また、合成の際の反応熱と反応速度の関係を論じ、熱化学の分野を開拓。著「錬金術の起源」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルトロ
べるとろ
Pierre Eugne Marcellin Berthelot
(1827―1907)

フランスの化学者、化学史家。医師を父としてパリに生まれる。ラテン語韻文詩の読解など、若いころから優れた語学的才能をみせていたが、1846年には哲学の作文で全国一等の賞を受けていることからも、早熟の少年であったことがわかる。コレージュ・ド・フランスでは、医学専攻であったが化学研究に熱中した。1859年に薬物学校cole Suprieure de Pharmacieの教授となり、1864年から晩年まではコレージュ・ド・フランスで教授職を務めた。
 ベルトロの化学的業績は、主として四つの方面から化学の進歩に貢献したことにある。第一に、無機物から有機化合物の合成(synthseこの表現は彼の創始による)を可能とする理論的下地をつくったことである。これにより化学界から安易な生気論的発想が放擲(ほうてき)された。第二に、質量作用の法則が定式化される以前の段階で、反応速度の重要性を訴えたこと、第三に、熱量計を利用して、化学反応前後の熱の収支を測定したことであり、発熱反応、吸熱反応といった、熱化学の基礎となる概念をつくりあげたこと、があげられる。このほか、グリセリンの組成を研究して、それが三価アルコールであることをつきとめたことなど、数多くある彼の仕事のなかでも、最後に言及すべきものは、化学史の分野における彼の活躍である。ベルトロは、1884年以降、錬金術文献の歴史的研究に精力を注ぎ、錬金術師たちが、古代エジプト冶金(やきん)学の文献を誤読していたという見解を明らかにした。さらに、通常、同一人物であるとされることが多かったアラビア錬金術師ジャービル・ビン・ハイヤーンと、ラテン名でよばれるゲーベルとは別人物であることもその著書『錬金術の起源』Les origines de l'alchimie(1885)のなかで指摘している。考古化学、熱化学、農芸化学など多くの分野に優れた足跡を残した後の晩年は、教育行政や科学論関係の書物を物している。[井山弘幸]
『田中豊助・牧野文子訳『錬金術の起源』(1973・内田老鶴圃新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベルトロの言及

【熱量計】より

…この熱量計は,試料を密閉耐圧容器(ボンベ)中で高圧酸素のもとで完全燃焼し,その熱をボンベの周囲の水に伝え,水の温度上昇と質量から熱量を測定する。ボンベ熱量計のボンベは1848年アンドルーズT.Andrewsにより考案されてからベルトロP.E.M.Berthelot,パールS.W.Parrなどの改良を経て現今に至っている。現在ではその材質として18‐8クロムニッケル鋼,モネルメタル,インコネルなどが用いられ,燃焼時の変圧および試料中の硫黄分などの燃焼によって生成する酸の腐食に耐えるよう考慮されている。…

【化学反応】より

…反応速度が正確な実験手法により初めて取り上げられたのは,1850年ドイツのウィルヘルミーL.Wilhelmyによってである。引き続きフランスのP.E.M.ベルトロは,酢酸とエチルアルコールとのエステル化反応で,エステルの生成速度が反応物質の量に比例すること,エステル化反応の逆反応である酢酸エチルの加水分解によってもエステル化の場合と同じ平衡点が実現することを見いだした。1864年,ノルウェーのC.M.グルベルグとP.ボーゲは,式(1)の平衡において,平衡点は水に可溶な反応物質(K2CO3,K2SO4)の量でほぼ決まってしまうことを見いだし,平衡状態を決定するのは質量以外に容積であるという考えに到達した。…

【熱量計】より

…この熱量計は,試料を密閉耐圧容器(ボンベ)中で高圧酸素のもとで完全燃焼し,その熱をボンベの周囲の水に伝え,水の温度上昇と質量から熱量を測定する。ボンベ熱量計のボンベは1848年アンドルーズT.Andrewsにより考案されてからベルトロP.E.M.Berthelot,パールS.W.Parrなどの改良を経て現今に至っている。現在ではその材質として18‐8クロムニッケル鋼,モネルメタル,インコネルなどが用いられ,燃焼時の変圧および試料中の硫黄分などの燃焼によって生成する酸の腐食に耐えるよう考慮されている。…

※「ベルトロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルトロの関連キーワードウェルナー(Alfred Werner)ピエール‐モーリス‐マリー デュエムインドフェノール法ジャン ジロドゥアゼルリドー城ジロドゥー左翼民主党サバティエウュルツ発熱反応サバチエトムセンルナン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android