コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱化学 ねつかがくthermochemistry

翻訳|thermochemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱化学
ねつかがく
thermochemistry

化学反応に際しては光,音,熱など各種エネルギーの変化を生じるが,普通の化学反応では大部分が熱エネルギーの形で変化する。このような化学反応に伴う熱エネルギーの出入りについて論じる学問を熱化学という。狭義には総熱量保存の法則 (ヘスの法則) を利用して各種の反応熱間の定量的な関係を測定,考察する化学の分野をさし,広義には反応熱 (生成熱燃焼熱,解離熱など) に限らず,たとえば溶解熱のような物理的変化に伴う熱エネルギーをも対象として,これらの温度,圧力による影響を調べ,平衡状態を考察する分野をさす。さらに広く熱力学的分野も含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐かがく〔‐クワガク〕【熱化学】

化学反応に伴う熱現象、およびこれと関連する諸現象を研究対象とする化学の一部門。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねつかがく【熱化学 thermochemistry】

狭義には化学反応に伴う熱エネルギーを定量的に取り扱う物理化学の一分野。歴史的にはトムセンHans Peter Thomsen(1826‐1909)およびM.P.E.ベルトロによる反応熱測定によって始められ,化学方程式の後にエネルギー変化を併記した熱化学方程式の形で表現された。これらの膨大な反応熱データは,〈ヘスの法則〉を用いて化合物の標準生成エネルギーの形で整理,統合される。このデータは,分子の結合エネルギーという概念と結びついて,化合物の安定性の問題に発展し,分子の安定化エネルギーやひずみエネルギーなどを定量的に表現する重要な知識を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねつかがく【熱化学】

化学反応や状態変化などに伴う熱の出入りに基づいて化学反応を研究し、また、さまざまな熱的な状態量と化学平衡との関係を探究しようとする物理化学の一分野。熱力学をその基礎として含み、物性論などとも密接な関連をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱化学
ねつかがく
thermochemistry

化学反応に伴うエネルギーの放出・吸収のうち、主として熱エネルギーを対象とし、化学変化との相互関係を研究する化学の一分野。融解、蒸発、昇華などの物理的な状態の変化も対象に含まれる。これらの変化に伴っておこる熱の出入りと、関連した平衡定数や自由エネルギー変化なども対象となる。熱力学第一法則(エネルギー保存則)と、熱力学第二法則(エントロピー増加則)の二つが根本原理である。
 化学反応に伴って出入りする熱エネルギー(エンタルピー)を併記した化学方程式を熱化学方程式という。これは化学反応におけるエネルギー保存則(ヘスの法則、1840)を表したものである。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熱化学の関連キーワードトムセン(Hans Peter Jörgen Julius Thomsen)ヘス(Germain Henri Hess)ベルテロー‐トムセンの原理ベルテローの状態方程式P.E.M. ベルトロ関西テクノサービスクラウジウスの原理ボンブ熱量計ラジカル反応アンドルーズネルンスト高温ガス炉サバティエリチャーズ発熱反応カロリーサバチエ工業化学化学平衡デュエム

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱化学の関連情報