コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱化学 ねつかがくthermochemistry

翻訳|thermochemistry

5件 の用語解説(熱化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱化学
ねつかがく
thermochemistry

化学反応に際しては光,音,熱など各種エネルギーの変化を生じるが,普通の化学反応では大部分が熱エネルギーの形で変化する。このような化学反応に伴う熱エネルギーの出入りについて論じる学問を熱化学という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつかがく【熱化学 thermochemistry】

狭義には化学反応に伴う熱エネルギーを定量的に取り扱う物理化学の一分野。歴史的にはトムセンHans Peter Thomsen(1826‐1909)およびM.P.E.ベルトロによる反応熱測定によって始められ,化学方程式の後にエネルギー変化を併記した熱化学方程式の形で表現された。これらの膨大な反応熱データは,〈ヘスの法則〉を用いて化合物の標準生成エネルギーの形で整理,統合される。このデータは,分子の結合エネルギーという概念と結びついて,化合物の安定性の問題に発展し,分子の安定化エネルギーやひずみエネルギーなどを定量的に表現する重要な知識を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねつかがく【熱化学】

化学反応や状態変化などに伴う熱の出入りに基づいて化学反応を研究し、また、さまざまな熱的な状態量と化学平衡との関係を探究しようとする物理化学の一分野。熱力学をその基礎として含み、物性論などとも密接な関連をもつ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱化学
ねつかがく
thermochemistry

化学反応に伴うエネルギーの放出・吸収のうち、主として熱エネルギーを対象とし、化学変化との相互関係を研究する化学の一分野。融解、蒸発、昇華などの物理的な状態の変化も対象に含まれる。これらの変化に伴っておこる熱の出入りと、関連した平衡定数自由エネルギー変化なども対象となる。熱力学第一法則エネルギー保存則)と、熱力学第二法則エントロピー増加則)の二つが根本原理である。
 化学反応に伴って出入りする熱エネルギー(エンタルピー)を併記した化学方程式を熱化学方程式という。これは化学反応におけるエネルギー保存則(ヘスの法則、1840)を表したものである。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熱化学の関連情報