コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシガラス Nucifraga caryocatactes; spotted nutcracker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシガラス
Nucifraga caryocatactes; spotted nutcracker

スズメ目カラス科。全長 32~34cm。羽色暗褐色で,体の大部分に白色の斑が密にある。は黒い。ヨーロッパからシベリア東部,東アジア北部にかけての地域と,ヒマラヤ南部山麓に分布する。日本では北海道本州四国地方九州地方の亜高山,高山に留鳥としてすむが,北海道などでは冬に低地へ移るものもある。おもに針葉樹林にすみ,木の上に巣をつくる。雑食性で,植物質動物質のどちらも食べるが,マツ球果が重要な食べ物で,マツがない所ではほかの針葉樹の球果などを食べる。「ぎゃーぎゃー」としゃがれた声で鳴く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホシガラス

カラス科の鳥。翼長18cm。全体黒褐色で背,頸側から腹面にかけ美しい白色縦斑がある。ユーラシア大陸の中部およびヒマラヤ等に分布。日本では留鳥として北海道,本州,四国の山岳地帯で繁殖,針葉樹林に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシガラス
ほしがらす / 星鴉
nutcracker
[学]Nucifraga caryocatactes

鳥綱スズメ目カラス科の鳥。全長約35センチメートル。ユーラシア中部の高山と北部の針葉樹林に生息し、日本でも四国、本州、北海道に分布する。全体にチョコレート色で多数の小白斑(はくはん)が散在し、下尾筒と尾端が白い。主食は針葉樹の種子で、秋に蓄えて冬から早春に利用する。春夏には昆虫なども食べる。北アメリカ西部に近縁のハイイロホシガラスN. columbianaがある。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホシガラスの関連キーワード岳鴉・岳烏・嶽鴉・嶽烏ホシガラス(星鴉)大山(鳥取県)石鎚国定公園カラス(鳥)日本アルプス高山動物浦本昌紀渡り鳥高山鳥岳烏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホシガラスの関連情報