コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモハビリス ホモハビリス〈ラテン〉Homo habilis

2件 の用語解説(ホモハビリスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホモ‐ハビリス(〈ラテン〉Homo habilis)

《「器用な人」の意》約200万~150万年前のアフリカに生息していた初期の原人。1964年に東アフリカタンザニアで化石が発見された。身長は約130センチで、脳の容積は現代人のほぼ半分。約250万年前にアウストラロピテクスから分かれたとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ホモハビリス【Homo habilis】

〔器用な人の意〕
化石人類の一。東アフリカで1960年以来発掘されている人骨。アウストラロピテクスに近いが脳がやや大きい。猿人から原人への移行形とみられている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ホモハビリスの関連キーワード赤穂浪士一覧ライアン・ロクテ入江陵介北洋漁業深海動物倍速短距離競走タイソン ゲイ入湯税ILS

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホモハビリスの関連情報