コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモハビリス(英語表記)〈ラテン〉Homo habilis

デジタル大辞泉の解説

ホモ‐ハビリス(〈ラテン〉Homo habilis)

《「器用な人」の意》約200万~150万年前のアフリカに生息していた初期の原人。1964年に東アフリカのタンザニアで化石が発見された。身長は約130センチで、脳の容積は現代人のほぼ半分。約250万年前にアウストラロピテクスから分かれたとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホモハビリス【Homo habilis】

〔器用な人の意〕
化石人類の一。東アフリカで1960年以来発掘されている人骨。アウストラロピテクスに近いが脳がやや大きい。猿人から原人への移行形とみられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android