コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンゴウソウ

百科事典マイペディアの解説

ホンゴウソウ

ホンゴウソウ科の多年生腐生植物。関東〜沖縄に分布し樹陰の枯葉の間にまれにはえる。全体に葉緑素はなく,褐紫色。茎は白色の根茎から出て長さ約5cm,まばらに小鱗片を互生する。雌雄同株。夏〜秋,茎頂に4〜15花よりなる総状花序をつけ,花序の上部には雄花,下部には雌花がつく。花は小さく径1.5〜2mm,褐紫色。別属のウエマツソウはやや大きく,高さ5〜10cm,3〜8個の暗紫色花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホンゴウソウ【Andruris japonica (Makino) Giesen】

暗い林の下の落葉の間にはえるホンゴウソウ科の多年生腐生植物。地下に白色の根茎があり,これから生じる根の中には共生菌の菌糸が入っている。菌糸は地中の腐敗物を分解し,植物体はこれを栄養としている。地上茎の高さは3~13cm,きわめて細く,径0.5mm以下である。葉は鱗片状で長さ約1.5mm,葉緑素がなく,茎とともに紫褐色をしている。7~10月に総状花序をつくり,花序の上部に雄花,下部に雌花をつける。雄花は径が約2mm,花被は紫紅色で6裂し,裂片のうち3枚は披針形で幅広く,他の3枚は狭く,先が細長く伸びて球形の付属体をつけている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンゴウソウ
ほんごうそう / 本郷草
[学]Andruris japonica (Makino) Giesen

ホンゴウソウ科の多年生の腐生植物。茎は高さ3~13センチメートルで紅紫色、1~数枚の鱗片(りんぺん)葉がある。7~10月、総状花序をつくり、上方に雄花、下方に雌花を開く。花被(かひ)は雌花では4~6裂、雄花では六裂する。雄しべは3本、葯(やく)隔に針状の突起がある。常緑樹林下の暗い湿気のある場所に生え、千葉県南部から沖縄の太平洋側に分布する。名は、1902年(明治35)三重県三重郡楠(くす)村本郷(現四日市(よっかいち)市楠町本郷)で発見されたことによる。
 ホンゴウソウ科Triuridaceaeは腐生性の単子葉植物で、落葉中や腐った木の上に生え、内生菌根がある。雌雄異株または同株、花は単性または両性。7属約80種あり、日本にはほかにウエマツソウが分布する。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホンゴウソウの関連情報