コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンゴウソウ

3件 の用語解説(ホンゴウソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホンゴウソウ

ホンゴウソウ科の多年生腐生植物。関東〜沖縄に分布し樹陰の枯葉の間にまれにはえる。全体に葉緑素はなく,褐紫色。茎は白色の根茎から出て長さ約5cm,まばらに小鱗片を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホンゴウソウ【Andruris japonica (Makino) Giesen】

暗い林の下の落葉の間にはえるホンゴウソウ科の多年生腐生植物。地下に白色の根茎があり,これから生じる根の中には共生菌の菌糸が入っている。菌糸は地中の腐敗物を分解し,植物体はこれを栄養としている。地上茎の高さは3~13cm,きわめて細く,径0.5mm以下である。葉は鱗片状で長さ約1.5mm,葉緑素がなく,茎とともに紫褐色をしている。7~10月に総状花序をつくり,花序の上部に雄花,下部に雌花をつける。雄花は径が約2mm,花被は紫紅色で6裂し,裂片のうち3枚は披針形で幅広く,他の3枚は狭く,先が細長く伸びて球形の付属体をつけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンゴウソウ
ほんごうそう / 本郷草
[学]Andruris japonica (Makino) Giesen

ホンゴウソウ科の多年生の腐生植物。茎は高さ3~13センチメートルで紅紫色、1~数枚の鱗片(りんぺん)葉がある。7~10月、総状花序をつくり、上方に雄花、下方に雌花を開く。花被(かひ)は雌花では4~6裂、雄花では六裂する。雄しべは3本、葯(やく)隔に針状の突起がある。常緑樹林下の暗い湿気のある場所に生え、千葉県南部から沖縄の太平洋側に分布する。名は、1902年(明治35)三重県三重郡楠(くす)村本郷(現四日市(よっかいち)市楠町本郷)で発見されたことによる。
 ホンゴウソウ科Triuridaceaeは腐生性の単子葉植物で、落葉中や腐った木の上に生え、内生菌根がある。雌雄異株または同株、花は単性または両性。7属約80種あり、日本にはほかにウエマツソウが分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンゴウソウの関連キーワード小暗い草葉の陰合装豪壮豪爽国際連合総会本郷草槻の落葉苦い林檎酒混合層

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンゴウソウの関連情報