ボイル=シャルルの法則(読み)ボイル=シャルルのほうそく(英語表記)Boyle-Charles' law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイル=シャルルの法則
ボイル=シャルルのほうそく
Boyle-Charles' law

一定量の気体圧力 p ,体積 V ,絶対温度 T の間には関係式 pV/T=一定 が成り立つという法則。ボイル=ゲイリュサックの法則ともいい,ボイルの法則シャルルの法則とを結合した法則である。この法則が成り立つ気体を理想気体という。また,n モルの気体について pVnRT理想気体の状態方程式という。定数 R気体定数と呼ばれる普遍定数である。この式は実在の気体では近似的にしか成り立たないので,これを修正したファン・デル・ワールスの状態方程式,ビリアル式などが提案されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボイル=シャルルの法則【ボイルシャルルのほうそく】

気体の体積Vは絶対温度Tに比例し,圧力pに反比例するという法則。気体のモル数をn,気体定数をRとすると,pV=nRTの関係が成り立つ。ボイルの法則シャルルの法則を組み合わせたもので,実際の気体では近似的にしか成立しない。この法則が成立するような仮想気体を理想気体という。→状態方程式
→関連項目ボイル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボイルシャルルのほうそく【ボイル=シャルルの法則 Boyle‐Charles’ law】

一定量の気体の体積Vは圧力pに反比例し,絶対温度Tに比例するという法則。一定温度では気体の体積と圧力は反比例するというボイルの法則(ボイル=マリオットの法則ともいう)と,圧力一定のもとでは気体の体積は絶対温度に比例するというシャルルの法則(ゲイ・リュサックの法則ともいう)とを統合したもので,この法則によると,n(mol)の気体に対して,pVnRTの関係が成り立つ(Rは気体定数)。この法則は,常温,常圧の気体に対してはよく成立するが,低温,高圧の場合にはこの法則からのずれが大きくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボイル=シャルルの法則の言及

【状態方程式】より

…それから1世紀ほどたって,フランスの物理学者J.シャルルは,1787年,一定圧力の場合,気体の体積は絶対温度に比例すること(シャルルの法則,またはゲイ・リュサックの法則という)を見いだした。現在では,この両者の法則を合わせて,ボイル=シャルルの法則という。この法則によると,一定量の気体に対し,pVTの関係が成立する。…

※「ボイル=シャルルの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android