コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイケルソンモーリーの実験 マイケルソンモーリーノジッケン

デジタル大辞泉の解説

マイケルソンモーリー‐の‐じっけん【マイケルソンモーリーの実験】

1887年にマイケルソンモーリー(E.W.Morley)が行ったエーテル2の存在についての実験。干渉計を用い、静止するエーテルと相対運動する地球とによる干渉縞の変化を見ようというもの。否定的結果を得て、特殊相対性理論に道を開いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マイケルソンモーリーのじっけん【マイケルソンモーリーの実験】

電磁波の媒質として仮想されていたエーテルの存在を証明しようとして、一九世紀末にマイケルソンとモーリー(E. W. Morley1838~1923)が行なった実験。その結果、エーテルの存在が否定され、アインシュタインの特殊相対性理論が生まれる一つの契機となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マイケルソンモーリーの実験の関連キーワードマイケルソン干渉計アインシュタインローレンツ収縮媒質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android