コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイマイカブリ マイマイカブリDamaster blaptoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイマイカブリ
Damaster blaptoides

鞘翅目オサムシ科。体長 30~65mm。体は細長く,特に頭部と前胸は伸長する。触角,肢もともに細長い。前翅は左右融合して開くことができず,翅端は細くなりとがる。後翅は退化して痕跡的。移動力が弱く,地域変異が著しい。産地によって外形と色彩が異なるためかつては数種に分けられていたが,今日では 1種とされ,その下に数亜種が認められている。日本固有種と考えられるが,タイワン(台湾)からただ 1個体による亜種の記録がある。原亜種は九州地方四国地方中国地方などに産するもので,大型,全体黒色で,わずかに上翅肩部が紫色を帯び,上面は光沢を欠く。上翅端は燕尾状に伸長する。近畿地方に産するものは小型となる。関東地方のものはヒメマイマイカブリ D.b.oxuroides と呼ばれ,頭部と前胸背がやや短くなり,青みを帯び,上翅端の突起は短く針状である。中部地方ではこの 2型をつなぐあらゆる段階の中間型がみられる。北関東地方から東北地方南部にかけては前体部の青みが強くなり,さらに東北地方中部では紅紫色を帯びるようになる。これをコアオマイマイカブリ D.b.babaianus という。一方,佐渡島には頭部が肥大し,前体部が青紫色で上翅に尾状突起を欠くサドマイマイカブリ D.b.capito を産し,その北方の粟島にはコアオマイマイカブリに似るが尾状突起のないアオマイマイカブリ D.b.fortunei を産する。東北地方北部のものはキタカブリ D.b.viridipennis と呼ばれ,前体部は美しい紅紫色,上翅は黄緑色で尾状突起を欠く。北海道に産するものはエゾマイマイカブリ D.b.rugipennis といい,前体部は緑ないし銅赤色,上翅は紫色を帯び,尾状突起を欠く。幼虫,成虫ともにカタツムリを食べ,前体部の特異な形はこの習性への適応と考えられる。古名は琵琶虫。(→オサムシ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マイマイカブリ

オサムシ科の甲虫の1種。日本列島の特産種。地域変異に富み,多くの亜種に分けられる。体長30〜60mm。左右の前翅は癒着(ゆちゃく)して開かず,飛べない。一般に暖地のものは大型で全体黒色,翅端の突出が強い。
→関連項目オサムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイマイカブリ【Damaster blaptoides】

甲虫目オサムシ科の昆虫(イラスト)。日本特産種。頭と胸が他のオサムシ類に比べて著しく長く,Japanese ground beetleとして知られる。左右の上翅は癒着し,後翅を欠く。体長30~60mm。北海道から九州(南限は屋久島)まで分布するが,地方によって多少形態が異なり,次の亜種に分けられている。エゾマイマイカブリ,キタマイマイカブリ,アオマイマイカブリ,サドマイマイカブリ,ヒメマイマイカブリ,コマイマイカブリ,マイマイカブリ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイマイカブリ
まいまいかぶり / 蝸牛被
[学]Damaster blaptoides

昆虫綱甲虫目オサムシ科に属する昆虫。日本特産種で、大形の細長い甲虫。北海道から九州(屋久島(やくしま))まで各地に産するが、地方的に変異があって、厳密には近畿地方以西のものをさす。体長3~6センチメートル余り、頭と前胸は細く伸びており、上ばねは紡錘形に膨らみ、左右のはねが癒着して開かず、後ろばねは退化消失していて飛ぶことができない。脚(あし)はよく発達していて細いが長く、歩行は速い。西南日本産は体が黒く、前胸が長くて上ばねの各先端は棘(とげ)状にとがって伸びるが、中部地方から関東地方にかけて産するものは頭と前胸背部に青い光沢があり、前胸は比較的短く、上ばねの棘も短くなる。東北地方産では頭と前胸が青色から紫色、または赤紫色に光り、上ばねの棘はほとんどなくなる。北海道の個体では頭と前胸が銅緑色になり、上ばねは紫色を帯び、はね先は丸くなる。佐渡島にいるものは頭と前胸が太くて青紫色の光沢があり、はねの棘もほとんどなく、祖先型を思わせる。このような著しい変異のため以前は数種に分けられていたが、二つの型の中間地帯では中間型がいるので1種にまとめられた。幼虫は黒色で青い光沢があり、鎧(よろい)を着たように頑丈で、成虫とともに地表にすみ、カタツムリを襲って殻の中に首を突っ込んで肉を食べる。成虫の頭と前胸が細長いのはこの習性に適応したもので、殻をかぶって歩くのでマイマイカブリの名がついた。冬は成虫態で土中や朽ち木中に潜って越す。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイマイカブリの関連キーワードオサムシタケ(歩行虫茸)歩行虫・筬虫歩行虫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイマイカブリの関連情報