コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリク・シャー マリク・シャーMalik Shāh, Jalāl al-Dawla Mu`izz al-Dīn Abū al-Fatḥ

3件 の用語解説(マリク・シャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリク・シャー
Malik Shāh, Jalāl al-Dawla Mu`izz al-Dīn Abū al-Fatḥ

[生]1055.8.6/16.
[没]1092.11. バグダード
イラン,セルジューク朝第3代のスルタン (在位 1072/3~92) 。父アルプ・アルスランの死後,若くして即位したが,名宰相ニザームル・ムルクの補佐を得て,スンニー派イスラムを軸とする支配体制の強化に努めた。外に対しては,カラハン朝に対するマーワラー・アンナフル遠征を敢行してカシュガルにまでいたり,またカフカス方面での作戦によってムスリムおよびキリスト教諸勢力を抑圧し,アナトリア地方にも軍隊を派遣してビザンチン領を蚕食。さらにシリア,パレスチナをファーティマ朝より奪って,パミール高原から地中海に及ぶ広大な地域をその版図とし,同朝の最盛期を現出させた。しかし,晩年の後継者問題をめぐる紛糾は,以後の同朝の内部分裂の原因となった。彼自身は文盲であったが,その宮廷に著名な学者,文人を集めて,イランイスラム文化の保護,育成に努め,また首都イスファハンをはじめ,各地の造営事業にも力を注いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マリク・シャー

セルジューク朝第3代の王。1072年即位。ニザーム・アルムルクの助けをかり,王朝の最盛期を現出。アフガニスタンからビザンティン帝国境に及ぶ西アジア全域を支配。ウマル・ハイヤームを登用して新暦を制定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリク・シャー
まりくしゃー
Malik Shh
(1055―1092)

セルジューク朝第3代のスルタン(在位1072~92)。父アルプ・アルスラーン在世中に後継者に指名され、父の死後、17歳でスルタンに即位、叔父カーブルト・ベクの反乱を鎮圧して政権の基礎を確立した。遠征軍をカシュガル、アッラーン、シルバーンにまで送り、東方ではカラ・ハン朝、西方ではマルワーン朝、ビザンティン帝国から領土を奪取して、同朝最大の版図を実現した。宰相ニザーム・アルムルクの助けを得て軍制、イクターを整備し、イスファハーンをはじめとする諸都市にモスクや市壁を建設した。ウマル・アル・ハイヤーミーらの文人、学者を保護する一方、天文台をつくり、新しい太陽暦を導入した。彼の治世での最大の難問はイスマーイール派対策であったが、山城を陥落させて暗殺集団(イスマーイール派の一派ニザール派アサシン派)を根絶させることはできなかった。ニザーム・アルムルクが暗殺された直後、バグダードで急死し、これを期にセルジューク朝の内紛が激化した。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マリク・シャーの関連キーワードマリクシャーマリクシャーアラビア文学中国残留孤児訴訟契約アンペア三浦義明栄花(華)物語ロスケリヌス覚法法親王藤原為房

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone