コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクス・アウレリウス マルクス・アウレリウスMarcus Aurelius Antoninus; Marcus Annius Verus

3件 の用語解説(マルクス・アウレリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルクス・アウレリウス
マルクス・アウレリウス
Marcus Aurelius Antoninus; Marcus Annius Verus

[生]121.4.26.
[没]180.3.17.
ローマ皇帝(在位 161~180)。ストア派の哲人皇帝で,五賢帝の一人。ヒスパニア系の名家の出身。祖父から厳格な教育を受け,フロントヘロデス・アッチコスらを師とした。ハドリアヌス帝の意向でアントニヌス・ピウス帝の養子となり,145年その娘ファウスチナを妻とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マルクス・アウレリウス

ローマ皇帝(在位161年―180年)。五賢帝時代最後の皇帝でアントニヌス・ピウスの養子。初めパルティアドナウ川方面で戦ったが,後には終始ゲルマン人と戦った。ストア哲学者として知られ,戦いの間に著した《自省録》はストア派の代表的文献である。
→関連項目エピクテトスコンモドゥスストア学派ローマの平和

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルクス・アウレリウス
まるくすあうれりうす
Marcus Aurelius Antoninus
(121―180)

ローマ皇帝(在位161~180)。五賢帝の最後の皇帝。スペイン出身の家柄で、同郷のハドリアヌス帝に目をかけられ、その命令で次帝アントニヌス・ピウスの養子とされた。ピウス存命中から政治を補佐し、その死後帝位を継ぐ。義弟ルキウス・ウェルスLucius Verus(在位161~169)を共治帝とした。当初より東方のパルティア、北方のゲルマンと戦い、166年北イタリアにまで侵入したマルコマンニ人を迎え撃ち、170年に勝利を収めた。この間パルティア侵入を防戦したウェルスの軍隊が持ち帰った疫病が大流行し、無数の人命が失われ、また175年にはシリアエジプトでアウィディウス・カッシウスGaius Avidius Cassius(130―175)が反乱を起こすなど、帝国の衰運が目だち始めた。彼は騎士の人材を抜擢(ばってき)したり、皇帝財産を競売に付して戦費に回すなどの策をとったが、総じて保守的で、果断な行政家ではなかった。カッシウスの乱に際し、急遽(きゅうきょ)まだ若い実子コンモドゥスを共治帝とし、それまでの慣例に反したことも失策に数えられる。なお、中国の『後漢書(ごかんじょ)』に、使者を中国に派遣したと伝えられる大秦(しん)王安敦(あんとん)とは、彼をさすとみられる。
 マルクス・アウレリウスは、早くよりギリシア・ストア哲学に傾倒して雄弁家フロントらに学び、陣中で書き綴(つづ)った『自省録』は後期ストア哲学の代表作である。そのなかで彼は、宇宙の理性に従うことを旨とし、謙虚・寛容と神への敬虔(けいけん)、平静さを称揚しているが、その筆致はきわめてペシミスティックである。178年再度侵入したマルコマンニを討つべく遠征し、その最中ウィーンの近くで病没した。彼の「マルコマンニ戦争」を浮彫りで描いた記念柱と彼の騎馬像がローマ市内に現存している。[松本宣郎]
『神谷美恵子訳『自省録』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルクス・アウレリウスの関連キーワード自衛隊裁判傷害保険オーバーヘッドアプローチ都内の交番統廃合計画今市(栃木県)恵庭事件差押え田島消毒経度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルクス・アウレリウスの関連情報