ムツ(英語表記)Scombrops boops

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムツ
Scombrops boops

スズキ目ムツ科の海水魚体長 50cm内外。体は細長く,側扁し,吻端がとがる。歯は犬歯状で鋭くとがり,眼が大きい。尾鰭は深く二叉する。体色幼魚は淡黄褐色で口内は白いが,成魚では紫黒色で口内は青黒色。水深 300~400mの岩礁にすむが,幼魚は浅所にみられる。本州中部以南に分布する。冬季に美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ムツ

ムツ科の魚。地方名ムツノウオ,クジラトオシなど。全長60cm。背面は紫黒色。主として東北〜沖縄の沖合,水深200〜600mの所にすむ。産卵期の冬にはやや浅所に移り,幼期も内湾などの浅所ですごす。おもに釣によって漁獲され,冬美味で,卵巣も喜ばれる。なお一般に近縁種のクロムツも区別されずにムツと総称される。ムツは全長100cm,クロムツは80cmになる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムツ
むつ /
[学]Scombrops boops

硬骨魚綱スズキ目ムツ科に属する海水魚。東北地方から南日本に分布する。全長80センチメートルに達し、体は細長くやや側扁(そくへん)する。目は大きく、口先はとがり、両顎(りょうがく)には犬歯状にとがった歯が一列に並ぶ。背びれは二つに分かれ、尾びれは深く二叉(にさ)する。体色は黒みがかった赤褐色、腹部は銀白色、尾びれは黄褐色で縁辺は淡黒色。成魚では口の中は黒い。成魚は200~600メートルの深海底にすむ。
 産卵期は12月から翌年3月で、卵は浮性卵である。孵化(ふか)した稚魚は5月ごろには4センチメートルくらいに成長し、沿岸の岩礁地帯や藻場(もば)に群れをなしてすむ。小魚やエビ・カニ類などを貪食(どんしょく)して成長を続け、成魚になると深海に移る。近縁種のクロムツとは、側線鱗(そくせんりん)数が少ないことと、体色がクロムツのほうが黒褐色であることなどで区別できる。幼魚は釣りや定置網で漁獲され、成魚はおもに底魚立(たて)縄釣りによって漁獲される。[片山正夫]

調理

白身魚だが脂質が多く、身は柔らかい。とくに冬の子持ちのムツは味がよい。卵巣はムツ子と称し、マダラの卵巣に似ていて賞味される。身は煮つけ、照焼き、みそ漬け、鍋物(なべもの)などにする。卵巣は煮つけに、白子も煮つけや鍋物によい。[河野友美・大滝 緑]

釣り

船釣りになる。浅い所で水深100メートル前後、深い所では200~300メートルをねらう。胴づき専用竿(ざお)、胴づきリールか、深場では電動リールも使う。道糸は伸びのない糸8~12号。先糸に透明ナイロン糸8~10号5~10メートル。ムツ鉤(ばり)を結んだ枝鉤3~5本、オモリ120~250号。
 餌(えさ)はヒシコイワシ、サバの身、イワシの身などを使う。仕掛けを一気に海底まで沈め、オモリがついたら1メートルほどリールで巻き揚げて魚信を待つ。竿先にククッと明確な反応が出る。慌てず、ゆっくり、ひと呼吸置いてリールを巻くと、一尾、二尾と追い食いすることが多い。釣り場によってはシロムツ、アカムツなども混じるので、冬に楽しめる釣りである。[松田年雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムツの関連情報