コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メッツォジョルノ

世界大百科事典 第2版の解説

メッツォジョルノ【Mezzogiorno】

イタリア語で〈正午〉〈南〉の意であるが,固有名詞として〈イタリア南部〉を表し,ここではその意味である。正しくはメッゾジョルノ。北部,中部に対してイタリアで南部という場合,地域的にはアブルッツィ,モリーゼ,カンパニア,プーリア(旧アプリア),バジリカータ(旧ルカニア),カラブリアの諸州がそれに当たり,おおよそローマより南方の半島部を指す(広い意味ではシチリアとサルデーニャ両島を加えることもある)。歴史的には,旧教会国家の一部とナポリ王国がこの範囲に相当する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メッツォジョルノの関連キーワードロベルト サヴィアーノブリンディジターラント教皇領

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android