コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノローグ monologue

翻訳|monologue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノローグ
monologue

俳優が舞台で1人でしゃべる,かなりの長さをもったせりふ。その人物の思考,感情,あるいは事態の推移などを観客に伝える舞台技法。モノローグは,普通他の人物にそのせりふが聞こえないものとして語られるが,広い意味では,ひとり言的なせりふだけでなく,観客へ直接物語を語りかけるナレーション,あるいは俳優1人で演じるひとり芝居モノドラマのせりふなどもモノローグに含まれる。またモノローグの特殊な形であるソリロキー soliloquyは,聞き手をもたず,思考や感情がおのずから声となって表明された,自分自身への語りかけとして用いられる。『ハムレット』のソリロキーが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モノローグ(monologue)

演劇で、登場人物が相手なしにひとりで言うせりふ。独白(どくはく)。⇔ダイアローグ
一人の俳優が演じる芝居。独演劇。モノドラマ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モノローグ

独白

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノローグ
ものろーぐ
monologue

演劇用語。「独白(どくはく)」と訳される。自らの行動の動機、決意、心理を表現する独台詞(ひとりせりふ)であるが、舞台上のたった一人の人物が一人でしゃべる台詞という点で、他の登場人物がいる所でしゃべる独台詞「傍白(ぼうはく)」(約束事でそのことばは観客だけに聞こえ、他の登場人物には聞こえない)と区別される。古典劇では一般的で、『ハムレット』中の「生きるべきか、死ぬべきか」はとくに有名。近代劇以後では従来の性質よりも、劇のそれまでの場面を要約、批評しながら次の場面へと観客をいざなう進行係の性質が強い。しかし一方で、心理的モノローグが拡大して独立した演劇形式、モノドラマ(一人芝居)を生む。ダイアローグdialogue(対話)の対(つい)の用語。[高師昭南]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモノローグの言及

【台詞】より

…よく行われるせりふの形式上の一分類としては,2人あるいはそれ以上の登場人物の間で交わされる〈対話(ダイアローグdialogue)〉。登場人物が自分自身の考えや感情などをみずからに問いかける形をとる〈独白(モノローグmonologue)〉(モノローグ劇),対話中に対話の当の相手には聞こえないという約束で横を向き独りごとのように言う〈傍白(アサイドaside)〉などがある。【編集部】
[せりふの言語表現の特質]
 せりふは,戯曲表現の唯一の直接的な実質であり,筋や役の性格を含めて,劇的な行動のいっさいがそれを通じて表現される。…

【独白】より

…劇のせりふの一種。モノローグともいう。人物が特定の相手に聞かせることを目的とせずに語るせりふ。…

※「モノローグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モノローグの関連キーワードニュルンベルクのマイスタージンガーガイザー(Gerd Gaiser)アンナ・アンドレヴナ アフマートワサボー(Szabó Magda)エウゲーニー・オネーギンカール ファレンティンオリアナ ファラッチファレンティンオーキンクロスジュパンチッチマンツィーニトルナトーレ何もしてないモノローグ劇武内 鶴之助ポリフォニーばらの騎士ホルツァー高城ツヨシオガリョフ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モノローグの関連情報