モンロー(読み)もんろー(英語表記)Alexander Monro

  • 1733―1817

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの解剖学者。エジンバラに生まれる。父を継いで神経解剖学を研究。1758年エジンバラ大学解剖学教授。『神経系の構造と機能の観察』(1783)、『脳・眼・耳に関する三論文』(1797)、『脳の病理解剖学』(1827)は高く評価される。モンロー孔(第三脳室と側脳室の間の室間孔)、モンロー腔(くう)、モンロー溝(視床下溝)、モンロー裂(海馬溝)など脳の解剖学名にその名を残している。[澤野啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンローの関連情報