コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーブ モーブMauve, Anton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーブ
Mauve, Anton

[生]1838.9.18. ザーンダム
[没]1888.2.5. アルンヘム
オランダの画家。 1870年頃よりハーグで活躍,85年以降ラレンに移住した。妻は V.ゴッホのいとこ。バルビゾン派の影響を受け,農漁村に取材し,コロー風の灰色と青の調和を基調にした水彩画を得意とした。

モーブ
mauve

絵具の色名の一つ。アニリン染料のグループに属する合成有機染料で,1856年イギリスで W.パーキン卿によってつくられた。純粋なモーブ染料は赤みがかった紫色の結晶で,使用後は鈍い紫になる。退色しやすいが,しかし水彩画用の絵具として現在でもわずかながら用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モーブ

モーベインとも。1856年英国のW.H.パーキンが不純なアニリンを酸化して得た,赤紫色のサフラニン系の塩基性アジン染料。最初の合成染料として有名。実用にされたのは最初の10年くらいだが,今日の染料工業の出発点としての意義が深い。
→関連項目石炭化学染料フクシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

色名がわかる辞典の解説

モーブ【mauve】

色名の一つ。モーヴとも表記する。JISの色彩規格では「つよいみの」としている。モーブはフランス語でアオイ(葵)のこと。一般に、アオイのようなやや青みがかった紫をさす。ただし、モーブは世界初の合成染料の名前でもある。アニリンを原料とし、イギリスの学生ウィリアム・パーキン(1838~1907年)が1856年に発明した。同じアオイを意味する英語のマローmallow)も色名としてあったのだが、このやや青みがかった紫の合成染料の色名が広まって定着したとされる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モーブ【Mauve】

モーベインMauveineとも呼ばれる。1856年イギリスのW.H.パーキンが不純なアニリンを重クロム酸で酸化して合成した人類初の合成染料として意義が高い。モーブは赤紫色染料でサフラニン系の塩基性アジン染料と推定される。パーキンは57年にこの染料を工業的に製造し〈チリアンパープル〉と名づけて売り出したが,イギリスではあまり評判がよくなく,フランスで〈モーブ〉(野生の草花の名,アオイの仲間)という名で売り出し有名となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モーブ【mauve】

1856年パーキンによって、最初に人工的に合成された薄い青みがかった紫色の合成染料。また、その色。アニリンなどを原料とする。モーベイン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーブ
もーぶ
mauvemauvein

モーベインあるいはアニリンパープルともいう。1856年、キニン合成を目的とした不純なアニリンの酸化の研究途上、イギリスのW・H・パーキンによって発見された最初の合成染料。1857年にモーブとして市販された。名称はゼニアオイの花色に由来し、そのフランス語のmauveからモーブ(またはモーベイン)と名づけられた。美しい紫色に絹を染色するが、溶解性の低いことと、耐光堅牢(けんろう)度の低いことから、短期間で市場から姿を消した。単一な成分でなく、N-フェニルフェノサフラニンを主成分とするアジン系塩基性染料である。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモーブの言及

【合成染料】より

…しかし工業的な意味では,繊維を染色する染料,着色を目的とする有機顔料においては,天然染料は完全に合成染料に置きかえられてしまった。合成染料は1856年イギリスのW.H.パーキンがアニリンから赤紫色染料モーブを合成したのが端緒になり,80年にはドイツのJ.F.W.A.vonバイヤーにより天然の藍の主成分であるインジゴが合成され,4年後にはベッティガーP.Böttigerにより赤色の直接アゾ染料であるコンゴーレッドが,さらに1901年にはドイツのボーンR.Bohnにより青色の高級建染染料であるインダントロン(インダンスレン)の合成が行われた。これらはいずれも,合成染料の歴史上画期的な出来事であった。…

【コールタール】より

…昔は木材の防腐剤などの用途しかなかったが,コールタールの成分に関する化学的研究が進むにつれ,その工業的な利用の道がしだいに開かれ,19世紀から20世紀前半にかけては,コールタールを中心とする石炭化学は有機合成化学工業の花形として不動の地位を占めていた。 コールタールの化学成分の研究を回顧すれば,1819年にA.ガーデンがナフタレンを発見,また45年にA.W.vonホフマンがベンゼンの分離に成功したのをはじめとして,56年にはW.H.パーキンがコールタールから初めてふじ色の染料モーブ(アニリン紫)の合成に成功した。これらに続いて19世紀後半からは合成染料,医薬品工業が発展し,コールタールはその基礎原料として不可欠の重要な資源となったのである。…

【染料】より

…これが空気酸化されて生成するインジゴをさらに発酵により還元させインジゴホワイト(白藍)とし,染色後,空気酸化して青い染色物を得るが,このような複雑な化学反応を含む技術を古代より人類がもっていたことは驚くべきことである。合成染料の誕生は1856年にイギリスの化学者W.H.パーキンがアニリンの酸化により赤紫色色素を発見し,モーブmauveと名づけて57年より工業化したことに始まる。
[染料の名称と分類]
 染料は商品名(または慣用名)およびカラーインデックス名Colour Index Name(略号C.I.名)で呼ばれる。…

【トリフェニルメタン染料】より

…また塩基性染料であるため,一般には分子内の1個のアミノ基はカチオン(陽電荷)となっているのが普通であるが,スルホン酸基をもつアニオン型の酸性染料もある。歴史的には1856年W.H.パーキンが最初に発見したモーブなる染料もこの近縁とみられるので非常に古い。色が鮮明で濃色の反面,染色堅牢度が低いのが特徴であったが,塩基性染料のあるものはアクリル繊維を美麗に染め,また耐光性も高いことが見いだされた。…

【パーキン】より

…幼少より化学実験に興味をもち,15歳で王立化学大学のA.W.ホフマンに師事した。マラリアの特効薬キニーネの合成を師より示唆され,1856年アリルトルイジンを重クロム酸塩で酸化したとき,偶然絹を薄紫色に染める色素(モーブmauve)を発見した。この思いがけない発見が,合成染料の研究開発と化学工業の幕あけとなった。…

※「モーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モーブの関連キーワードウィリアム・ヘンリー パーキントリフェニルメタン染料アラン ネマルクヒルトン・ホテル軌道爆撃体系コールタールマシュマロハワード家ダムタイプマビューズ機能性色素メルトン反応染料観測機ゴッホハーグカロ喪服

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーブの関連情報