コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマセミ Megaceryle lugubris; crested kingfisher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマセミ
Megaceryle lugubris; crested kingfisher

ブッポウソウ目カワセミ科。全長 38~43cmの大型のカワセミ冠羽(→羽冠)は長く,白と黒のまだら模様になり,背,尾,上面の羽色も同様である。喉と腹部は白く,脇に灰色の横斑がある。上胸部に,雄は薄い赤褐色地に灰色斑があるが,雌は赤褐色の羽はなく灰色斑だけがあり,翼の下面の下雨覆が褐色である。は細長く,鋭くとがっている。全身の白黒の斑模様から,カノコショウビン鹿子翡翠)という古い俗名がある。日本,中国インドシナ半島北部,ハイナン(海南)島ミャンマーからアフガニスタン北部にかけてのヒマラヤ低地などに繁殖分布する。日本では,北海道本州四国地方九州地方に繁殖分布し,魚食性で,平地から山地の山間渓流沿いや湖畔に生息する。水辺や土手に横穴を掘って営巣する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤマセミ

カワセミ科の鳥。日本のカワセミ類中最大。翼長19cm。背面は黒と白の斑,頭部には羽冠をもつ。日本全土,中国,東南アジア,ヒマラヤ等に分布。山地の渓流,湖などに留鳥としてすみ,崖などに穴を掘って巣とする。
→関連項目カワセミ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマセミ
やませみ / 山翡翠
greater pied kingfisher
[学]Ceryle lugubris

鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。アジア中部から南部に分布し、日本では九州以北に留鳥として分布する。全長約38センチメートル、体は白と黒のまだらで冠羽がある。水量の多い渓流や山の湖沼にすみ、魚を捕食する。土手に穴を掘って産卵する。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤマセミの関連キーワード川蝉・川蟬・翡翠・魚狗ショウビン富[村]高野伸二翡翠

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマセミの関連情報