コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマネコ(山猫) ヤマネコwild cat

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマネコ【ヤマネコ(山猫) wild cat】

イエネコを除いた一般に小型の野生ネコの総称で,食肉目ネコ科ネコ亜科に属する。南極,オーストラリア,ニュージーランド,ニューギニア,セレベスとその東部の島々,フィリピンの大部分,日本本土,マダガスカル,西インド諸島および北極圏の島々などを除いた世界中に約29種が広く分布する。ほとんどのものは体長34~110cm,尾長11~60cmだが,オオヤマネコFelis lynxでは体長130cmに達する。また,雌ライオンに似た大型のピューマF.concolor(イラスト)は体長96~196cm,尾長53~79cmもあるがFelis属の一員であり,またイリオモテヤマネコMayailurus iriomotensisはヤマネコの名があるが別属である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤマネコ(山猫)の言及

【ネコ(猫)】より

…日本では近年,外国産の純粋品種が増加しているが,これらとの少数の交雑種を除けば,ニホンネコ(日本猫)は長年月の間,ほとんど純粋品種を保っている。【一木 彦三】
【イエネコの形態】
 イエネコの祖先型はリビアネコを家畜化したものであったが,その後ヨーロッパヤマネコとの交配が行われたもようで,ユーラシアのものにはヨーロッパヤマネコに似た斑紋のものが多い。しかしジャングルキャット(チャウス)が混血している気配は,毛色や斑紋の酷似したインドのイエネコにさえも,まったく認められない。…

※「ヤマネコ(山猫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android