コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユークリッド幾何学 ユークリッドきかがくEuclidean geometry

6件 の用語解説(ユークリッド幾何学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユークリッド幾何学
ユークリッドきかがく
Euclidean geometry

ユークリッドは『原本』で幾何学を展開するにあたり,5つの公理と5つの公準をおいて出発したが,これらの公理と公準に基づく幾何学をユークリッド幾何学という。 D.ヒルベルトはこの公理系の不備を補って,完全な公理系のうえにユークリッド幾何学を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユークリッド‐きかがく【ユークリッド幾何学】

ユークリッドが著した「ストイケイア」を基礎とする初等幾何学。図形的直観を基本に、五つの公準と五つの公理とから組み立てられる。その第五公準である平行線公準の研究から、19世紀になって非ユークリッド幾何学が生まれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユークリッド幾何学【ユークリッドきかがく】

ユークリッドが《幾何学原本》で体系づけた幾何学。彼の公理公準は後にさらに整理され,ヒルベルトが結合・順序・合同・平行・連続の諸公理に基づき体系を完成した。最も特徴的なのは平行線公理で,これを否定することにより非ユークリッド幾何学が得られる。
→関連項目幾何学射影幾何学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユークリッドきかがく【ユークリッド幾何学 Euclidean geometry】

古代エジプトにおいて測量の技術より得られた図形に関する経験的知識はギリシアにもたらされて,論理的に整理されて体系化され,幾何学となった。ユークリッド(前300ころ)はこれを集大成して《ストイケイア(原論)》全13巻を編んだ。ユークリッド幾何学とは本質的にこの著作に述べられている幾何学のことである。これは中学校や高校で学習する図形に関する性質をおもな内容としていて,初等幾何学とも呼ばれている。《ストイケイア》は若干の命題を公理として仮定し,これらより論理的に正しい推論だけによって得られる命題を定理とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ユークリッドきかがく【ユークリッド幾何学】

〘数〙 ユークリッドの著した「ストイケイア」の体系に基づく幾何学。その平行線の公理を否定した非ユークリッド幾何学ができるまで、唯一の幾何学体系をなした。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユークリッド幾何学
ゆーくりっどきかがく
Euclid geometry

ユークリッドがその著『原論』(『ストイケイア』Stoikheia)で展開した幾何学。『原論』はその時代までのギリシア数学を集大成した13巻の書で、平面幾何(第1巻~第6巻)、整数論、実数論(第7巻~第10巻)、立体幾何(第11巻~第13巻)からなる。整数、実数に関する部分も幾何学の用語を使っているうえに、『原論』の大部分が幾何学なので『幾何学原論』ともよばれる。『原論』で扱われている幾何学は現在n次元まで拡張されているが、19世紀以後続々と出現した他の幾何学と区別して、これをユークリッド幾何学といい、『原論』におけるように論証を主体とする方法によって行う二、三次元のユークリッド幾何学をとくに初等幾何学とよぶ。『原論』は23個の定義、5個の公準、5個の公理から始まる。定義によって用語の説明をしたのち、次の5個の公準(今日のことばでは幾何学の公理)をあげている。
(1)2点を線分で結ぶことができる。
(2)線分は直線にいくらでも延長できる。
(3)任意の点を中心とした任意の半径の円を描くことができる。
(4)直角はすべて互いに相等しい。
(5)二つの直線ll′が他の直線l″と交わってできる交角α、βがα+β<180゜を満たすならば、ll′とは交角α、βのある側に延長するとかならず交わる。
 5個の公理は「全体は部分より大きい」「同じものに等しいものはまた互いに等しい」のように数学一般について成り立つ命題を述べている。ユークリッドは、幾何学のそれまで知られている数多くの定理を、どの定理もそれ以前の定理と論証だけから証明するという論証体系にまとめ上げ、この体系の大前提として先に述べた5個の公準を採用した。土地測量術や天体観測術への応用から出発した幾何学はこの『原論』によって初めて壮大な論理的体系をもつ学問に発展することとなった。
 第五公準は他の5個の公準ほど簡明でなく、また不自然な感じがあるために、他の公準から証明できるのではないかという疑いがもたれた。この公準は、その後「1直線外の1点を通ってちょうど1本の平行線が存在する」(平行線公理)と同値であることがわかったが、他の公準から証明されるに違いない(と信じられる)命題を公準として残しておくことは、完璧(かんぺき)な論証体系としての幾何学にとって大きな汚点と考えられた。そのため平行線公理の証明に多くの優れた学者が立ち向かったが、時間と労力を飲み尽くす泥沼であった。『原論』から2000年もたった1830年前後になって、ロシアのロバチェフスキーとハンガリーのボヤイは独立に、第五公準を「1直線外の1点を通って2本の平行線が存在する」という別の公準で置き換えても矛盾のない幾何学が建設されることを示した。これがのちに双曲幾何学とよばれる非ユークリッド幾何学である。この発見はユークリッド幾何学の唯一性を否定し、幾何学の新時代の幕開きとなったものである。実際、リーマン、クラインなどの研究によって新しい、より一般的な幾何学が続々誕生していった。
 一方、16世紀におけるデカルト、フェルマーによる座標系の考案は、ユークリッド幾何学に計算を利用して研究する道を開いた。のちに解析幾何学とよばれるこの方法は、ユークリッド幾何学の内容をさらに豊かにし、かつ三次元から一般のn次元への拡張を可能にした。すなわち、n次元数空間の2点(x1,x2,……,xn),(y1,y2,……,yn)の間の距離を

と約束したとき、この空間をn次元ユークリッド空間といい、合同変換(長さを変えない1対1点対応)によって不変な図形の性質を研究する学問がn次元ユークリッド幾何学である。幾何学はユークリッド幾何学以外にもたくさんあるが、『原論』における論証の進め方は現在でも模範とすべきものであり、ユークリッド幾何学は他の諸幾何学の基礎である。また、抽象数学の多くはユークリッド幾何学で成り立つ図形の諸性質を抽象化することから出発している、という意味で、ユークリッド幾何学は現代数学の土壌ともいうことができる。実用面でも、宇宙規模の測量はともかく、地上の小範囲においては依然としてユークリッド幾何学が使われていることには変わりはない。[立花俊一]
『ユークリッド著、中村幸四郎他訳『ユークリッド原論』(1972・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のユークリッド幾何学の言及

【数学】より

…上の仮定のもとでは三角形の内角の和は2直角より小さくなるが,球面幾何学と多くの類似点をもつ幾何学が構成されることが示されたのである。このように平行線の公理を否定した命題を仮定した幾何学を非ユークリッド幾何学といい,それに対して《ストイケイア》に見られるような幾何学をユークリッド幾何学という。ガウス自身大きな三角形について実測し,その内角の和と2直角との差を調べたが,それは誤差の範囲内にあって,現象空間でどちらの幾何学が成り立つかについての結論は得られなかった。…

※「ユークリッド幾何学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone