コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユークリッド ユークリッド Euclid

翻訳|Euclid

7件 の用語解説(ユークリッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユークリッド
ユークリッド
Euclid

紀元前 300年頃のギリシアの数学者。ユークリッドはギリシア名エウクレイデス Eukleidēsの英語読みの名。生涯についてはほとんど不明であるが,プトレマイオス1世ソテルの頃,アレクサンドリアで活躍していたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ユークリッド
ユークリッド
Euclid

アメリカ合衆国,オハイオ州北部,エリー湖畔にある都市。クリーブランド大都市圏に含まれる。 1798年入植。農業が主であったが,1940年頃から工業が発達。小型輪転印刷機,鉄道機械,自動車航空機部品などを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ユークリッド(Euclid)

[前330ころ~前260ころ]ギリシャの数学者。プラトンに学び、アレクサンドリアで教育に従事。「ストイケイア」を著し、幾何学の祖とされる。現存する著はほかに「光学」「音程論」などがある。ギリシャ語名エウクレイデス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユークリッド

エウクレイデスの英語名。アレクサンドリアの数学者。伝記不詳。《幾何学原本》によりそれまでの数学の成果を集大成し,論理的な体系に組織し,後の幾何学教育を決定づけた。(前330ころ-前260ころ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユークリッド【Euclid】

前300年ころ活躍したギリシアの数学者。ギリシア名エウクレイデスEukleidēs。生没年不詳。生涯については,はるか後年のパッポス(3世紀),ストバイオスStobaios,プロクロスProklos(Proclus)(いずれも5世紀)による断片的報告が知られているにすぎないが,それによるとおそらくアルキメデスペルゲアポロニオスより少し年長で,アレクサンドリアで活躍していたことがわかる。数学上の多くの著書を書き,その中で《ストイケイア《デドメナ》《光学》《反射光学》《音楽原論》《天文現象論》ギリシア語原文が残存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユークリッド【Euclid】

〔エウクレイデス(Eukleidēs)の英語名〕 紀元前300年頃のギリシャの数学者。「ストイケイア(Stoikheia 幾何学原本)」一三巻を著してギリシャ数学を集大成し,幾何学を証明的学問に仕上げた。プトレマイオス一世に「幾何学に王道なし」と教えたという。他に「補助論」「図形分割論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユークリッド
ゆーくりっど
Euclid

生没年不詳。紀元前3世紀前半に活躍したギリシアの数学者、物理学者。ギリシア語読みではエウクレイデスEukleides。その経歴ははっきりしないが、プラトン学徒らしいことは確かで、その点からアテネアカデメイアで研究したり、アリストテレスの学問に接した可能性は大いにありうる。そして、そののちはアレクサンドリアに移って著作活動を続けたと思われる。しかし、この都市にある学問の研究所ムセイオンとの関係は不明である。彼の人柄については、3世紀後半の数学者パッポスが、謙遜(けんそん)と他人への思いやりがあったと称賛し、抜け駆けをしたり、他人の発見を自分の発見にするようなことはけっしてしなかったと述べている。しかし無理解な門人には厳格だったらしい。たとえば5世紀の文人ストバイオスStobaiosによると、ユークリッドのもとで幾何学を学び始めたある男が、最初の定理を学んだとき、こんなことを勉強してどんな利益があるのかと彼に尋ねた。すると彼は奴隷をよんで、「あの男は勉強したからにはどうしても金もうけがしたいらしいから、3オボロス(貨幣単位)やってくれ」といったという。
 彼の代表的著書は『ストイケイア』Stoikheia(『幾何学原本』『原論』などと訳す)13巻である。彼のことを名前でなく「ストイケイアの著者」ho stoikheiotesとよんで通用したし、ユークリッドと幾何学とは同意語になったほどである。ユークリッドの現存している著書には、そのほかに、平面幾何学を扱った『補助論』Dedomena、アラビア語を通じて伝わっている『図形の分割について』Deridiaireseon biblion、『光学』Optika(物が見えるのは、光線が目から発し、見られる物体に突き当たると仮定している)、『音程論』Katatome、『和声学入門』Eisagoge harmorikeなどがある。[平田 寛]
『中村幸四郎他訳『ユークリッド原論』(1972/追補版2011・共立出版) ▽T・L・ヒース著、平田寛他訳『ギリシア数学史 』(1959/復刻版1998・共立出版) ▽中村幸四郎著『ユークリッド』(1978・玉川大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユークリッドの言及

【アルキュタス】より

…数学的学科は,幾何学,数論,球面学(天文学),音楽(和声学)よりなるとして,それらの理論の発展にいくつかの重要な貢献をした。ユークリッド《ストイケイア》第8巻の等比数列の理論は,大部分アルキュタスによるものと推測される。また,音楽における3種の比例中項(等差,等比調和中項)を区別したといわれるが,とくに,立方体の倍積問題を三次元の作図で解いたのは有名である。…

【エウドクソス】より

アルキュタスに幾何学を学び,アテナイでプラトンと交わり,エジプトで暦法を学んだといわれる。数学者としては,通約できない量にも適用できる一般的な比例論を完成し,その成果はユークリッド(エウクレイデス)《ストイケイア》第5巻にまとめられている。また,求積問題では,〈取尽しの方法method of exhaustion〉と近世になって名付けられた証明法を考案して,角錐(円錐)の体積は同底同高の角柱(円柱)の体積の3分の1であることを初めて厳密に証明した。…

【遠近法】より

…一定の視点から見られた視界を画面に幾何学的に描出する方法,すなわち透視図法(線的遠近法)を案出したのは古代ギリシア人である。ユークリッドは,人が個体を見る視線が直線であり,この視線が円錐形をなすという理論をたて,視錐visual cornを決定した。ローマのウィトルウィウスは《建築十書》(前25ころ)で消失点vanishing pointを明らかにし,プトレマイオスは視心visual centerと視光線visual rayを認識した(140ころ)。…

【幾何学】より

…プラトンがその学園アカデメイアの入口に,〈幾何学を知らざるものは入るを許さず〉と大書したという伝説は,彼がいかに幾何学を重視したかを物語っている。このようにして,論理体系としての幾何学が形成されたが,これはユークリッドによって《ストイケイア》として編まれて後世に残された。全13巻からなるこの書物は,整数論や無理数の理論も含むが,幾何学が主体である。…

【幾何学基礎論】より

…これが完全な形で実現されたのはD.ヒルベルトの有名な著書《幾何学の基礎Grundlagen der Geometrie》(1899)においてである。しかしながら,その源泉はそれより2000年以上も前に著されたユークリッドの《ストイケイア》にある。この著作は,古くから知られていた図形についての多くの知見を集大成して一つの学問体系にまとめあげたものであるが,これはプラトンによる次の思想の上に成立している。…

【ギリシア科学】より

…そこで科学は制度化,専門化され,アテナイ期の哲学的議論を超え出た高度に技術的かつ精密な科学が発達した。このヘレニズム科学を代表する学者としては,数学におけるユークリッド(エウクレイデス),ペルゲのアポロニオス,ディオファントス,物理学におけるアルキメデス,天文学におけるサモスのアリスタルコス,ニカエアのヒッパルコス,プトレマイオス,地理学のエラトステネス,解剖学・生理学におけるヘロフィロス,エラシストラトス,ガレノスらがいる。プトレマイオス1世の下で活躍したユークリッドはいわゆる〈ユークリッド幾何学〉の大成者で,パルメニデス,プラトンに発する厳密な論証の理念をうけつぎ,さらにエウドクソスやテアイテトスTheaitētosの先駆的業績を集大成しながら不朽の名著《ストイケイア》を完成した。…

【光学】より

…しかも,光学の名のもとに,反射や屈折だけではなく,視覚の問題や,場合によっては眼球の解剖学と生理学すら論じられたのである。 まず,古代には,数学者として知られるユークリッド(エウクレイデス)が光の直進性と反射を研究し,哲学者のアリストテレスも色彩の問題を論じた。さらに,天文学者のプトレマイオスも屈折についての研究を残している。…

【数学】より

…前4世紀のプラトン,アリストテレスの時代,それに続くアレクサンドロス大王の時代に,それぞれ文化的,政治的な頂点をもつ。数学に関しては前6世紀のタレス,ピタゴラスに始まる多くの名が挙げられるが,そのうちでも前3世紀のユークリッド(エウクレイデス)およびアルキメデスは重要である。 ユークリッドの主著《ストイケイア(原論)》(13巻)は,幾何学に関する内容が多いので,《幾何学原本》とも呼ばれているが,数論や実数論をも扱っており,それまでに得られていたギリシア数学の成果を体系的に集大成したものである。…

【数学教育】より

…プラトンは哲学的問答法(ディアレクティケ)とならんで,数論,幾何学,天文学,音階論からなる数学的諸学科を人間形成の準備的科目とした(《国家》)。アレクサンドリアでユークリッドは,従来の研究を体系的にまとめ,《ストイケイア》13巻を著した(前300ころ)。この本はのち2000年以上にわたり高等普通教育の数学教科書の権威であった。…

【ストイケイア】より

…前300年ころにユークリッド(エウクレイデス)によって著された数学の古典で,《原本》または《原論》と訳される。ストイケイアは英語のelementsに当たるギリシア語である。…

【整数論】より

s(a)>2a,s(a)=2a,s(a)<2aの三つの場合に従って,aは豊数(過剰数),完全数,輸数(不足数)であるという。ユークリッドは,2e-1が素数であれば2e-1(2e-1)は完全数であることを示したが,L.オイラーは偶数の完全数はこの形に限ることを示した。奇数の完全数は,いまのところ一つも知られていない。…

※「ユークリッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユークリッドの関連キーワードアクラガスギリシア悲劇ギリシア美術ハリカルナッソスビオンヘロフィロスギリシャ文字アポロニウスギリシア大統領官邸片桐良保

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユークリッドの関連情報