ヨークシャー[種](読み)ヨークシャー

百科事典マイペディアの解説

ヨークシャー[種]【ヨークシャー】

ブタの一品種。英国のヨークシャー地方原産で大中小の3型があるが小は絶滅。日本のブタは中ヨークシャー種が主であったが,現在は発育の早い大型品種の飼育が中心となったため,ほとんど姿を消した。中ヨークシャー種の体重は200〜250kg,大ヨークシャー種は300〜350kgぐらいになる。
→関連項目ブタ(豚)養豚

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨークシャー[種]【Yorkshire】

イギリスのイングランド北部ヨークシャーで成立したブタの品種。大・中・小の3型があるが,小ヨークシャー種(Small Yorkshire,Small White)は絶滅した。大ヨークシャー種(Large Yorkshire,Large White)(イラスト)は,世界中に広く分布し飼育されている加工用の優良品種で,被毛は白色,大型で顔は長く,しゃくれが少なく耳は直立していて大きい。胴の伸びは良好で,後軀(こうく)も充実している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android