コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ通貨協定 ヨーロッパつうかきょうていEuropean Monetary Agreement; EMA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ通貨協定
ヨーロッパつうかきょうてい
European Monetary Agreement; EMA

1955年8月ヨーロッパ決済同盟 EPU全加盟国 (18ヵ国) により,E PU機能承継の意図のもとに調印された通貨協定で,ヨーロッパ基金と多角的決済機構から成る。 58年 12月に西ヨーロッパ 14ヵ国の通貨交換性回復に伴い発効した。ヨーロッパ基金は加盟国が一時的に国際収支難に陥ったときの融資を目的とし,基金総額6億ドル。多角的決済制度は国際決済銀行 BISが実務代行にあたったが,各国通貨の交換性回復に伴い貿易決済はロンドンなど各国金融市場で現金決済されたため,この機構を通じる決済はきわめてまれであった。 72年 12月解散。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨーロッパ通貨協定【ヨーロッパつうかきょうてい】

1958年ヨーロッパ経済協力機構(OEEC)加盟国間の多角決済と信用供与を目的として成立した協定。1961年以後,経済協力開発機構(OECD)加盟国が継承。実務は国際決済銀行が行い,信用供与のためヨーロッパ基金が設けられている。
→関連項目ヨーロッパ決済同盟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーロッパつうかきょうてい【ヨーロッパ通貨協定 European Monetary Agreement】

1950年7月にヨーロッパ諸国間における多角的な資金決済機構として発足したヨーロッパ支払同盟European Payment Union(EPU)を改組して,58年に発足した地域的通貨協定。EMAと呼ぶことも多い。EPUは,加盟国相互間の債権債務を相殺し合い,差引残高を金またはドルで決済する仕組みで,その目的は各国間取引の決済通貨を節約することによって貿易を拡大することにあった。 58年12月29日,西ヨーロッパ主要通貨のドルに対する交換性回復が実施されると同時にEPUは機能を停止し,EMAが発足した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ通貨協定
よーろっぱつうかきょうてい
European Monetary Agreement

略称EMA。1955年ヨーロッパ決済同盟(EPU)加盟18か国の調印によって、ヨーロッパ基金と多角的決済機構の設立を決めた通貨協定。この協定は、EPU加盟国の通貨が交換性を回復した場合にEPUにかわるものとされていたが、58年末に西欧14か国通貨がこの条件を満たしEPUは発展的に解消したので、ただちに発効した。ヨーロッパ基金の融資はEPUのように自動的ではなく申請に基づいて供与され、多角的決済機構はEPUとほぼ同じで、業務は国際決済銀行(BIS)が代行した。この協定は61年に経済協力開発機構(OECD)の管理下に置かれ、72年12月に廃止された。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヨーロッパ通貨協定の関連キーワードリラ(イタリアの通貨単位)ヨーロッパ通貨制度経済通貨同盟

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android