ラファイエット

精選版 日本国語大辞典「ラファイエット」の解説

ラ‐ファイエット

[一] (Marie Madeleine Pioche de la Vergne, Comtesse de La Fayette マリー=マドレーヌ=ピオシュ=ド=ラ=ベルニュ、コンテス=ド━) フランスの女流小説家。代表作「クレーブの奥方」はフランス恋愛心理小説の古典とされる。(一六三四‐九三
[二] (Marie Joseph La Fayette マリー=ジョゼフ━) フランスの軍人、政治家。貴族出身の自由主義者。アメリカ独立戦争に従軍して勝利に貢献。帰国後フランス革命に参加して一七八九年人権宣言を起草したが、のち立憲君主制の維持の立場から共和派と対立し、亡命。一八〇〇年帰国。ナポレオン体制下には引退生活を送ったが王政復古後、政界に返り咲き、自由主義政党を指導、七月王政の成立に貢献した。(一七五七‐一八三四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ラファイエット」の解説

ラ‐ファイエット(Marie-Madeleine Pioche de La Vergne La Fayette)

[1634~1693]フランスの女流小説家。代表作「クレーブの奥方」はフランス心理小説先駆

ラファイエット(Lafayette)

米国ルイジアナ州南部の都市。18世紀にカナダから移ってきたアカディア人の子孫が数多く住む。アカディア人の歴史文化を紹介するジャン‐ラフィット国立歴史公園や、18~19世紀の町並みや生活を再現した野外博物館などがある。

ラ‐ファイエット(Marie Joseph Paul Yves Roch Gilbert Motier La Fayette)

[1757~1834]フランスの政治家・軍人侯爵アメリカ独立革命で活躍後、フランス革命人権宣言起草。立憲王政を支持したため革命進展の中で孤立して亡命。帰国後、王政復古を機に七月革命で再び活躍した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ラファイエット」の解説

ラファイエット
Marie-Joseph Motier, Marquis de La Fayette

1757〜1834
フランスの軍人・政治家
アメリカ独立戦争に参加。帰国後,三部会には貴族議員として選出され,自由主義貴族の中心となって革命を支持して人権宣言を起草し,国民軍司令官となった。フイヤン派結成に参加し,立憲君主制を主張して国王議会仲介をはかったため,1792年の8月10日事件後は逮捕を恐れてオーストリア軍に投降。1800年の帰国後,第一帝政・復古王政には反対態度をとり,七月革命には再び国民軍司令官となって活躍し,七月王政の成立に貢献。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉プラス「ラファイエット」の解説

ラファイエット

《La Fayette》フランス海軍の航空母艦。1947年に退役したアメリカ海軍のインディペンデンス級航空母艦「ラングレイ」をフランスが借り受け、改称して再就役させたもの。1951年就役。インドシナ戦争、第二次中東戦争などに派遣。1963年、退役してアメリカ返却

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android