コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマピテクス ラマピテクス Ramapithecus

6件 の用語解説(ラマピテクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマピテクス
ラマピテクス
Ramapithecus

中新世アジアアフリカヨーロッパの各地にすんでいたと考えられている化石霊長類。1960年代に E.サイモンズが,それまで別々に呼ばれていた一連の化石,すなわち G.ピルグリムインドで発見したドリオピテクス・プンジャビクス(1910),G.ルイスがやはりインドで発見したラマピテクス・ブレビロストリス(1932)とブラマピテクス・トルペイ(1934),ルイス・S.B.リーキーがアフリカで発見したケニアピテクス・ウイケリ(1962)などを調べた結果,歯列弓がヒトに近い放物線状であり,切歯犬歯が小さく臼歯の歯冠も低くヒト的である,などの共通した特徴をもつことが判明したため,これらをひとまとめにしてラマピテクス・プンジャビクス R. punjabicus の名を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラマピテクス(Ramapithecus)

アフリカ・ヨーロッパ・アジアなどで発見される、人類と近縁の化石霊長類。インド北西部のシワリクで上顎(じょうがく)骨を最初に発見。1200万~600万年前に生息した人類の祖先と考えられたが、のちの研究でヒト科と認める説は否定された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラマピテクス

北インドのシワリク丘陵で発見された化石霊長類。第三紀中新世後期〜鮮新世初期。南フランスで発掘されたドリオピテクスとほぼ同時代らしいが,はるかに人類的。猿人の第三期における祖型として注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラマピテクス【Ramapithecus】

化石霊長類の一つ。G.E.ルイスはインド北部のシワリク丘陵で,中新世後期の地層から右上顎骨片を発見し,ラマピテクスと命名した(1934)。この化石は犬歯が脱落して歯槽痕だけを残し,第1小臼歯から第2大臼歯までが残っている。ルイスは南アフリカで発見されたアウストラロピテクスとともに,人類にきわめて近い化石と考えたが,かえりみられなかった。1964年以来,E.L.サイモンズがこの化石を再認してから,再びラマピテクスがサルかヒトかをめぐって論争が活発になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラマピテクス【Ramapithecus】

化石霊長類の一。インド北部・パキスタン・トルコ・ケニアなどで歯・顎骨が発見された。一二〇〇万年ないし八〇〇万年前に生存していたと推定される。人類の祖先とする説と類人猿とする説がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマピテクス
らまぴてくす
Ramapithecus

化石類人猿アメリカエール大学大学院生ルイスが1932年、インドの北西部シワリクで右上顎(じょうがく)骨片を発見したが、多くの学者は注目しなかった。1961年、リーキーらがケニアのフォート・ターナンでケニアピテクスを発見するに及び、64年以降、アメリカの霊長類学者サイモンズはケニアピテクスもラマピテクスの一員であるとした。またトルコ、ギリシア、ハンガリー、パキスタン、中国南部から相次いで発見された化石破片もすべて同類のものと考えられた。いずれも歯または顎骨片にすぎないため、全貌(ぜんぼう)はつかみがたい。切歯や犬歯は小さいが、小・大臼歯(きゅうし)は大きく、歯冠は低い。歯の形態は人類としては原始的であるが、類人猿と比べるとかなり人類に近い。年代は第三紀中新世末から鮮新世前期で、600万年から1200万年前である。このような点からラマピテクス類は人類の直接の祖先と考えられたが、今日では性的二型とみなされ、オランウータンの祖先とみられるシバピテクスを雄(おす)、ラマピテクスはその雌(めす)と考えられるに至り、これを人類祖先とする見方は消え去った。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラマピテクスの言及

【霊長類】より

…中新世から鮮新世にかけては高等霊長類の適応放散の時代で,コロンビアの中新世の地層からはホムンクルスHomunculusなど新世界ザルの化石資料が増え,ヨーロッパからアフリカにかけてはドリコピテクスDolichopithecus,メソピテクスMesopithecusなどのオナガザル科の化石が知られている。また,ヨーロッパではテナガザルの祖型と考えられているプリオピテクスPliopithecusが,イタリアからはオレオピテクスOreopithecusの完全な化石が発見されているし,プロコンスルProconsul,ドリオピテクスDryopithecus,ラマピテクスRamapithecus,ギガントピテクスGigantopithecusなどの現生類人猿やヒトに近縁な化石がアフロ・ユーラシア各地で発見されている。そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。…

【人類】より

…しかし,猿人段階以前のヒト上科の化石は,歯や顎の部分がほとんどで,体肢骨はきわめてまれであり,直立歩行への転換を化石から立証することは困難である。したがって,いかなる形態をもつ化石からヒト科に含めるかについてはいろいろ問題はあるが,これまでヒト科の最古の成員と認められてきた化石がラマピテクス属である。 ラマピテクスの化石は中国南部,インド,パキスタン,トルコ,ギリシア,東アフリカなど旧世界の広域に分布し,時代的には第三紀中新世の中期から後期,約1400万~800万年前にわたっている。…

【鮮新世】より

…鮮新世の生物には現在生息している種類が多いが,哺乳類では三趾馬のヒッパリオンや長鼻類のステゴドンなど絶滅したものも少なくない。原始人類とされるラマピテクスはこの時代に生存した。鮮新世の気候は現在とほぼ同様で,第四紀の氷河時代に至る前の温暖な時代であった。…

【ホミニゼーション】より

…南アフリカのマカパンスガットでは猿人化石といっしょに獣骨も出土しており,彼らが狩猟,肉食をしていた可能性もある。こうして人類の起源は今から300万年以上前までさかのぼることがわかったが,さらに前の祖先と考えられるラマピテクスの約1400万年前との間はまだミッシング・リンクのままである。また最近のDNAの塩基配列やアミノ酸配列の研究は,ヒトと現生類人猿は驚くほど近縁であることを示しており,古くさかのぼる人類起源と近縁度を高めるヒト‐類人猿の関係をどう理解すればよいか大きななぞに直面している。…

【霊長類】より

…中新世から鮮新世にかけては高等霊長類の適応放散の時代で,コロンビアの中新世の地層からはホムンクルスHomunculusなど新世界ザルの化石資料が増え,ヨーロッパからアフリカにかけてはドリコピテクスDolichopithecus,メソピテクスMesopithecusなどのオナガザル科の化石が知られている。また,ヨーロッパではテナガザルの祖型と考えられているプリオピテクスPliopithecusが,イタリアからはオレオピテクスOreopithecusの完全な化石が発見されているし,プロコンスルProconsul,ドリオピテクスDryopithecus,ラマピテクスRamapithecus,ギガントピテクスGigantopithecusなどの現生類人猿やヒトに近縁な化石がアフロ・ユーラシア各地で発見されている。そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。…

※「ラマピテクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラマピテクスの関連キーワードアフリカ分割アジアアフリカ会議阿弗利加旧世界旧大陸ヨーロッパロシア北界ヨーロッパポイントフサスグリヨーロッパの火薬庫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone