コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラロシェル ラロシェル La Rochelle

2件 の用語解説(ラロシェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラロシェル
ラロシェル
La Rochelle

フランス西部,シャラントマリティム県の県都。ビスケー湾に面し,外港ラパリスとともに重要な貿易港,漁港。 12世紀頃から海港として栄え,16~17世紀には新教徒ユグノー派の重要な拠点となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラ‐ロシェル(La Rochelle)

フランス西部、オーニス地方、シャラント‐マリチーム県の港湾都市。同県の県都。ビスケー湾内、アンチオシュ湾に面し、12世紀頃から大西洋岸の重要な貿易港として発展。16世紀後半のユグノー戦争において、プロテスタントのユグノー派の拠点となったが、1627年から翌1628年にかけてルイ13世の宰相リシュリュー率いる国王軍に包囲されて陥落した。旧港周辺には14世紀から15世紀に建てられたサンニコラ塔、シェーヌ塔、18世紀のサンルイ大聖堂などの歴史的建造物がある。対岸のレー島への観光拠点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラロシェルの関連キーワードコニャックポアトゥーフランス窓シャンパーニュアルデンヌレー島ポワトゥーシャラントオーセントカベルネフランピノーデシャラントオレロン[島]

ラロシェルの関連情報