コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシュリュー(公家) リシュリュー[こうけ]Richelieu, Ducs de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リシュリュー(公家)
リシュリュー[こうけ]
Richelieu, Ducs de

フランスの枢機卿リシュリュー (1585~1642) の子孫の家系。その甥の子にあたるルイ・フランソア・アルマン (96~1788) はポーランド継承戦争オーストリア継承戦争,そして七年戦争に参加し武名をあげ,元帥となった。その孫アルマン・エマヌエル (66~1822) は 1789年 10月亡命しロシア軍に参加,オデッサ総督に任命された。王政復古後,首相 (在任 15~18) となる。ロシア皇帝と親交があり,ナポレオン戦争後の処理にあたり,四国同盟へのフランス加盟を実現した (16) 。 1820~21年再び立憲王党右派を代表して首相となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リシュリュー(公家)の関連キーワードシェークスピア四国征伐安土桃山時代(年表)Gregoriusガブリエリビクトリア二本松義継フォンタナグレゴリウス今石動城

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android