コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン動物園 ロンドンどうぶつえんLondon Zoo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンドン動物園
ロンドンどうぶつえん
London Zoo

イギリスロンドンウェストミンスター地区にあるリージェント公園北端部に位置する動物園。世界で最も多くの種類の動物を保有する動物園の一つで,動物園付属施設としては最大の図書館を併設する。ロンドン動物学協会が運営している。1828年に開園し,1830年にウィンザー城から王室所有の動物が,続いてロンドン塔からそこで飼育されていた動物が加わって増強された。1849年には世界初の爬虫類館が,また 1853年には初の一般市民向け水族館も開館した。第2次世界大戦中は深刻な被害を受け,動物は殺処分や疎開を余儀なくされたほか,食用になる魚は市民の食料にまわされた。1955年,再建事業が始まると歩道橋,ゾウ舎とサイ舎,ウォークスルー形式の鳥舎,動物病院が 10年のうちに次々と建設された。1967年には小型哺乳類の展示館が完成し,1972年には類人猿サルの展示館であるソベルパビリオンも開館した。このパビリオンにはジャイアントパンダ舎や動物研究センターも入っている。1994年には,1938年に設置された夏季こども動物園が再開された。15万m2の敷地に数千点の動物を飼育展示しているほか,シフゾウをはじめ,コビトカバジャコウウシ,チリーフラミンゴ,ホッキョクグマなどの繁殖でめざましい成功を収めてきた。有名なジャイアントパンダのチチは 1958年に中国からやって来た。1931年,ロンドン動物学協会は郊外の分園として,セントラルベッドフォードシャーダンスタブルにウィップスネード動物園を開園した。面積 240万m2の広大な敷地で,多数の動物の展示と繁殖が行なわれている。同園にはロンドン動物学協会の後援を受けた二つの主要な研究組織,ウェルカム比較生理学研究所とナフィールド比較医学研究所が入っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロンドンどうぶつえん【ロンドン動物園 Zoological Society of London】

ロンドンにある動物園。探検家であり博物学者でもあったT.S.ラッフルズやJ.バンクス尽力で設立されたロンドン動物学協会は,〈動物学および動物生理学の進歩および動物界における新しいものを紹介する〉目的で,1828年にリージェント公園内にロンドン動物園を開設した。これは動物園が一部の特権階級のものであったそれまでの流れに終止符を打ち,一般市民の動物に対する正しい認識を広めようとする近代化の一歩であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンドン動物園
ろんどんどうぶつえん
London Zoo (The Zoological Society of London)

ロンドン動物学協会により1828年にイギリス、ロンドン市のリージェント・パーク内に開園された動物園。当初はGardens of The Zoological Societyという名称で、会員とその友人だけが入園できるものであった。1847年から平日のみはだれもが入園できるようになり、日曜も開放されたのは1940年のことである。ロンドン動物学協会は1826年に設立され、1829年には国王のジョージ4世により「動物学の振興と動物界の新しく珍しい事実を紹介する」ための協会として認められた。当時のイギリス王国の力を借りて、世界各地の動物が収集展示された。哺乳(ほにゅう)類と鳥類だけでなく、動物界のすべてを紹介するため、爬虫(はちゅう)類館(1849)、水族館(1853)、昆虫館(1881)を世界で初めて建設した。2002年末の飼育動物は495種4856点で、このほかに163種9009点(推定)の無脊椎(むせきつい)動物と、19種の家畜・家禽(かきん)がいる。面積は15ヘクタール。1931年には、より自然に近い状態での展示を目ざして、郊外に分園のホイプスネード動物公園(260ヘクタール)を開園した。ホイプスネード動物公園の飼育動物は149種2880点で、このほかに家畜11種に加え、31種295点(推定)の魚類と、26種70点(推定)の無脊椎動物がいる。[祖谷勝紀]
『G・ヴェヴァーズ著、羽田説子訳『ロンドン動物園150年』(1972・築地書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロンドン動物園の言及

【動物園】より

… こうした事実と成果は世界の注目を集め,各国からこれを見にきた。たとえばイギリスのT.S.ラッフルズはこれに刺激され,後年ロンドン動物園を開設するために動き出したと推定されるし,万国博参加のために日本からやってきた田中芳男や福沢諭吉もこれを見学し,やがて日本に動物園をつくるときにここの印象を基にしたと考えられている。 つまり動物園という啓蒙施設はこのメナジュリーを原型として,19世紀にヨーロッパやアメリカに広がり飛躍的な発展を遂げるのである。…

※「ロンドン動物園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロンドン動物園の関連キーワードハクスリー(Sir Julian Sorell Huxley)モリス(Desmond Morris)プライス(Cedric Price)ジュリアン・S. ハクスリージャイアント・パンダリージェンツパーク世界のおもな動物園世界のおもな水族館インセクタリウムD.J. モリスプロコンスルハクスリーアラップテクトン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンドン動物園の関連情報