コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一元論[国際法] いちげんろんこくさいほう monism

翻訳|monism

1件 の用語解説(一元論[国際法]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一元論[国際法]
いちげんろんこくさいほう
monism

国際法と国内法との関係についての学説で,両法が全体として1つの統一的な法秩序を構成すると主張する考え方一元論は,両法のいずれに優位を認めるかによって国際法優位論と国内法優位論とに分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一元論[国際法]の関連キーワード海商法貨幣数量説国際法時際法私法封建法国内法梵学身長-体重表《イングランドの法と慣習法について》