一元論[国際法](読み)いちげんろん[こくさいほう](英語表記)monism

翻訳|monism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一元論[国際法]
いちげんろん[こくさいほう]
monism

国際法と国内法との関係についての学説で,両法が全体として1つの統一的な法秩序を構成すると主張する考え方。一元論は,両法のいずれに優位を認めるかによって国際法優位論と国内法優位論とに分れる。後者は最終的に国際法の否定につながり,国家主義的な考え方といわれる。前者は純粋法学の立場に立ち,国際主義的な考え方に支えられるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android