三宅(村)(読み)みやけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅(村)
みやけ

東京都三宅支庁、伊豆諸島三宅島1島からなる村。中央に雄山(おやま)(775メートル)がある。北端の神着(かみつき)が中心集落で三宅支庁(三宅村と御蔵島(みくらじま)村を含む)が置かれ、島役所跡、気象庁三宅島特別地域気象観測所などがある。村役場は東岸の三池(みいけ)(2005年現在は島西部の阿古(あこ)地区に臨時庁舎を置く)にあり、その近くに三宅島空港があり、東京(羽田)、調布と結ばれている。全村が富士箱根伊豆国立公園に属し、1962年(昭和37)雄山噴火による溶岩原や、今崎などの大断崖(だんがい)、多種類の野鳥など観光資源に富む。島の東側に三池港(1964)、西側に阿古港(1965)ができ大型船の接岸が可能となり、東京竹芝、御蔵島、八丈島との間に連絡船が就航。1983年雄山がふたたび噴火し、阿古地区が溶岩流で焼失した。災害復興に伴い米軍艦載機の夜間発着訓練(NLP)基地建設が計画され、建設反対運動が起きた。さらに2000年(平成12)6月地震活動が活発化、8月18日に雄山でこれまでで最大規模の噴火があり、29日には火砕流も発生して9月2日全島避難指示が出され、それに伴い空路、船便ともに休航(2003年1月防災関係者、一般島民のための定期船再開)、島民は長期の避難生活を余儀なくされた。2005年2月1日避難指示は解除、同年5月より観光客の受入れを再開したが、雄山からは亜硫酸ガスの噴出が続いている。面積55.27平方キロメートル、人口2482(2015)。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android