コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三石[町] みついし

百科事典マイペディアの解説

三石[町]【みついし】

北海道中南部,三石郡の旧町。日高本線が通じる。太平洋に注ぐ三石川,鳧舞(けりまい)川の流域を占め,米作,野菜栽培,軽種馬,肉牛飼育,コンブ採集などを行う。2006年3月,静内郡静内町と合併し町制,日高郡新ひだか町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みついし【三石[町]】

北海道南部,太平洋に面する日高支庁三石郡の町。人口5685(1995)。日高山脈南麓に位置し,南流する三石川,鳧舞(けりまい)川,布辻(ぶし)川流域に沖積地が開ける。三石川河口の漁港を中心に市街地が発達,日高本線,国道235号線が通じる。江戸時代には松前藩の三石場所が置かれ,日高地方の中でも早くから漁業を中心として開けた。1885年ころから徳島県,福井県などから入植者があり開拓が始まった。古くからコンブ採取を主体にサケ・マス,カレイなどの漁獲が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android