コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三郷[村] みさと

世界大百科事典 第2版の解説

みさと【三郷[村]】

長野県中西部,南安曇(みなみあずみ)郡の村。人口1万5550(1995)。松本盆地の西部に位置し,黒沢川,梓川の複合扇状地上にある。南西部には黒沢山(2051m)がそびえ,村域は黒沢川扇状地の果樹・畑作地帯と,その下方に広がる緩傾斜の梓川扇状地の水田地帯に区分される。中心集落は一日市場(ひといちば)で,JR大糸線が通じる。米作のほか,リンゴ,ブドウ,イチゴ,エノキタケの栽培が行われる。松本市に近いため近年住宅地化が進み,人口は増大している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android