コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原真佐喜(2世) うえはらまさきにせい

1件 の用語解説(上原真佐喜(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上原真佐喜(2世)
うえはらまさきにせい

[生]1903.12.10. 東京,日本橋
[没]1996.5.11. 東京,品川
山田流箏曲家,作曲家。本名林兎喜子。1世上原真佐喜の娘。林家の養女。父真佐喜は,9歳の頃山田流の千代田検校門下の浅井千束に入門し,21歳のとき三弦の名手としても知られ明治初年頃寄席にも出たという奥村真佐古の門に入り,その後継者となり,真磨琴会ままごとかい)を創立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上原真佐喜(2世)の言及

【箏曲】より

…箏曲家の多くは,山田流を除いて地歌三味線家を兼ねており,山田流箏曲家も,山田流独自の三味線のほか,地歌三味線も扱うが,三味線の組歌は伝承しない。現代邦楽の作曲活動に従事する者も,古典曲の伝承を基本としており,山田流では,初世越野栄松(1887‐1965),中能島欣一,2世上原真佐喜(1903‐96)が,それぞれ人間国宝に指定され,生田流箏曲家としては,米川文子(1894‐1995),宮城喜代子(1905‐91)が指定されている。なお,地歌の人間国宝の菊原初子,富山清琴らは,箏曲家としても第一流である。…

※「上原真佐喜(2世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上原真佐喜(2世)の関連キーワード会津勝己村上得明藤井久子久我通顕栗島すみ子プルーマー今村嘉雄古賀忠道林太郎湯川正夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone