コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上様 ウエサマ

デジタル大辞泉の解説

うえ‐さま〔うへ‐〕【上様】

天皇将軍など、高貴な人の敬称。おかみ。
領収書などで、相手の名前の代わりに書く語。じょうさま。

うえ‐ざま〔うへ‐〕【上様/上方】

上のほう。上部
「衣―にひきかへしなどしたるもあり」〈・一二〇〉

かみ‐さま【上様】

身分の高い人の妻を敬っていう語。奥方。
「御館(みたち)も―も」〈義経記・八〉
近世、商家や一般の人の妻を敬っていう語。おかみさん。
「与太郎どのの―は」〈滑・膝栗毛・初〉
近世、上方で、隠居した良家の老女を敬っていう語。かみさん。
「内儀、隠居の―をはじめて」〈浮・五人女・二〉

かみ‐ざま【上様/上方】

《古くは「かみさま」とも》
うえの方。⇔下様(しもざま)
「露の落つるに枝のうち動きて、人も手ふれぬに、ふと―へあがりたるも」〈・一三〇〉
上流階級の人々。身分の高い人々。⇔下様(しもざま)
「上達部(かんだちめ)、殿上人、―までおしなべて、武を好む人多かり」〈徒然・八〇〉

じょう‐さま〔ジヤウ‐〕【上様】

うえさま」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うえさま【上様】

領収書などで、相手の名の代わりに書く語。 〔「じょうさま」とも読む〕
天皇の敬称。 「 -にはいまだ知ろしめされ候はずや/太平記 7
貴人、特に武家時代の将軍の敬称。

かみさま【上様】

貴人や武士の妻を敬っていう語。奥方。 「御館も-も/義経記 8
他人の妻または母を敬っていう語。おかみさん。 「 -はありやすか/滑稽本・膝栗毛
良家の未亡人、または隠居した老母。近世上方での語。 「歯は一枚もぬけめなき男まさりの-にて/浄瑠璃・今宮心中

じょうさま【上様】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上様の関連キーワード神埼孝一郎小林 桂樹黒木メイサ皆川尚義森富士夫八千草薫藤原定信浅沼晋平竹本聡子武家時代殿様踊り3階建て秋田宗好上達部浄瑠璃滑稽本役小角上さん孝蔵主太平記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上様の関連情報