下総[町](読み)しもふさ

百科事典マイペディアの解説

下総[町]【しもふさ】

千葉県北部,香取郡の旧町。利根川南岸の低地下総(しもうさ)台地にまたがる。中心の滑川(なめがわ)は近世の利根川水運の河港として栄えたが,成田線開通後衰微。米,サツマイモニンジンゴボウ,トマトなどを産する。小御門(こみかど)神社竜正院滑河観音がある。2006年3月香取郡大栄町と成田市へ編入。32.00km2。8043人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもふさ【下総[町]】

千葉県北部,香取郡の町。人口8315(1995)。利根川南岸にあり,町域の南部は台地となる。中心集落の滑河(なめがわ)は近世から明治中期まで利根川の河港としてにぎわったが,成田鉄道(現,成田線)の開通によって河岸から内陸の駅周辺に中心が移った。主産業は農業で,米作とサツマイモ栽培,酪農が行われる。近年,南西に接する成田市や千葉市方面への通勤者がふえている。滑河観音として知られる竜正院があり,室町末期再建の仁王門は重要文化財に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android