コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下総[町] しもふさ

世界大百科事典 第2版の解説

しもふさ【下総[町]】

千葉県北部,香取郡の町。人口8315(1995)。利根川南岸にあり,町域の南部は台地となる。中心集落の滑河(なめがわ)は近世から明治中期まで利根川の河港としてにぎわったが,成田鉄道(現,成田線)の開通によって河岸から内陸の駅周辺に中心が移った。主産業は農業で,米作とサツマイモ栽培,酪農が行われる。近年,南西に接する成田市や千葉市方面への通勤者がふえている。滑河観音として知られる竜正院があり,室町末期再建の仁王門は重要文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下総[町]の関連キーワード小御門神社下総台地下総

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android