コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気の毒 キノドク

2件 の用語解説(気の毒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐どく【気の毒】

[名・形動](スル)《もと、自分の気持ちにとって毒になることの意で、「気の薬(くすり)」に対する語》
他人の不幸や苦痛などに同情して心を痛めること。また、そのさま。「お気の毒に存じます」「気の毒な境遇」
他人に迷惑をかけて申し訳なく思うこと。また、そのさま。「彼には気の毒なことをした」
気にかかること。不快に思うこと。また、そのさま。
「思ひもつかねえことを言はれると、おいらも腹は立たねえが―だ」〈人・辰巳園・初〉
困ってしまうこと。きまりが悪いこと。また、そのさま。
「親方の手前―のおもはくにて、顔を真赤にしてゐる」〈滑・浮世床・初〉
[派生]きのどくがる[動ラ五]きのどくげ[形動]きのどくさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きのどく【気の毒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「自分の心や気持ちにとって毒になるもの」が原義〕
相手の苦痛や困難なさまに同情して心を痛める・こと(さま)。 「 -な身の上だ」
相手に迷惑をかけてすまなく思う・こと(さま)。 「 -なことをした」 → おきのどくさま
心を痛めること。迷惑すること。困ること。また、そのさま。 「『厭でも応でもつがねば通さぬ』『はて、これは-な事かな』/狂言記・伊文字」
恥ずかしいこと。きまりの悪いこと。 「親方の手前-の思はくにて顔を真赤にしてゐる/滑稽本・浮世床 」 〔類義の語に「可哀相」があるが、「可哀相」は人・動物などの弱い立場にあるものに対して同情を寄せ、その不幸な状況から救ってやりたく思う意を表す。それに対して「気の毒」はその人の苦しい境遇に同情して心を痛める意を表す〕
[派生] -が・る ( 動五[四] )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気の毒の関連キーワード御世話様感謝愚意自分ながら謝意寸心多恨薄情我が身諂曲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気の毒の関連情報