コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不安障害 フアンショウガイ

2件 の用語解説(不安障害の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふあん‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【不安障害】

不安が強く長く、あるいは頻繁に起こるようになり、不安による発汗・動悸(どうき)・胸痛・頭痛・めまい・不眠・下痢などのさまざまな身体症状が通常の限度を超えて現れ、日常生活に支障をきたす状態になること。社交不安障害全般性不安障害パニック障害心的外傷ストレス症候群PTSD)などが含まれる。薬物療法認知行動療法などによる治療が行われる。不安症。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

不安障害

不安や恐怖などの不快な感情が異常に高まり、生活に支障をきたす精神疾患の総称。かつて「神経症」「不安神経症」と言われたもので、現在は「不安症」とも言う。不安や恐怖などの対象及びその現れ方は様々で、症状により「パニック障害」「社交不安障害」「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」「閉所恐怖症」「先端恐怖症」などに分類される。精神的苦痛に加え、発汗・動悸・めまい・不眠・腹痛などの身体症状を多く併発する。治療法には、薬物療法心理療法などが用いられる。

(2017-2-16)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不安障害の関連キーワード商いは牛の涎熾る波風併発細く長く胃切除後症候群ラムゼイ共鳴DSMAあくび(欠伸)ボウラーズサム

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不安障害の関連情報