不安障害(読み)ふあんしょうがい(英語表記)Anxiety disorder

知恵蔵mini「不安障害」の解説

不安障害

不安恐怖などの不快な感情が異常に高まり、生活に支障をきたす精神疾患総称。かつて「神経症」「不安神経症」と言われたもので、現在は「不安症」とも言う。不安や恐怖などの対象及びその現れ方は様々で、症状により「パニック障害」「社交不安障害」「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」「閉所恐怖症」「先端恐怖症」などに分類される。精神的苦痛に加え、発汗動悸めまい不眠腹痛などの身体症状を多く併発する。治療法には、薬物療法心理療法などが用いられる。

(2017-2-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「不安障害」の解説

ふあん‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【不安障害】

不安が強く長く、あるいは頻繁に起こるようになり、不安による発汗・動悸どうき胸痛頭痛・めまい・不眠・下痢などのさまざまな身体症状が通常の限度を超えて現れ、日常生活に支障をきたす状態になること。社交不安障害全般性不安障害パニック障害・心的外傷後ストレス症候群(PTSD)などが含まれる。薬物療法認知行動療法などによる治療が行われる。不安症。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android