コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不安障害 フアンショウガイ

デジタル大辞泉の解説

ふあん‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【不安障害】

不安が強く長く、あるいは頻繁に起こるようになり、不安による発汗動悸(どうき)・胸痛・頭痛・めまい不眠下痢などのさまざまな身体症状が通常の限度を超えて現れ、日常生活に支障をきたす状態になること。社交不安障害全般性不安障害パニック障害・心的外傷後ストレス症候群(PTSD)などが含まれる。薬物療法認知行動療法などによる治療が行われる。不安症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

不安障害

不安や恐怖などの不快な感情が異常に高まり、生活に支障をきたす精神疾患総称。かつて「神経症」「不安神経症」と言われたもので、現在は「不安症」とも言う。不安や恐怖などの対象及びその現れ方は様々で、症状により「パニック障害」「社交不安障害」「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」「閉所恐怖症」「先端恐怖症」などに分類される。精神的苦痛に加え、発汗・動悸・めまい・不眠・腹痛などの身体症状を多く併発する。治療法には、薬物療法、心理療法などが用いられる。

(2017-2-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

不安障害の関連キーワード精神症状として現われる子どもの神経症不安障害(不安神経症/恐怖症)国立精神神経医療研究センターザック グレインキースマートフォン依存症ザック グリンキー向精神薬のいろいろ精神療法のいろいろMr.ROBOT子どもの神経症社会性不安障害メンタルヘルスマインドフルネ神経症性障害社会不安障害身体醜形障害強迫性障害全般不安症適応障害社会恐怖

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不安障害の関連情報