コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与野 よの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与野
よの

埼玉県南東部,大宮台地の南部にある地名。旧市名。 1958年市制。 2001年に大宮,浦和両市と合併し,さいたま市となった。中心市街地は中世に鎌倉街道の市場町,江戸時代には相模,甲斐方面から奥州へ通じる脇往還の宿駅として発展。輸送用機械器具などの工場進出と高層住宅を含む宅地化が著しい。中央を JR埼京線,東部を国道 17号線,西部を国道 17号線大宮バイパスが南北に通る。南部,鈴谷の大カヤは天然記念物与野本町駅近くに,彩の国さいたま芸術劇場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よの【与野】

埼玉県南東部にあった市。大宮・浦和市と合併してさいたま市となり、区制施行で中央区となった。→さいたま

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与野
よの

埼玉県南東部にあった旧市名(与野市)。現在のさいたま市中央部(中央区)にあたる。1958年(昭和33)市制施行して与野市が成立。2001年(平成13)近隣の大宮市および浦和市と合併して、さいたま市となった。旧与野市域は両市に囲まれた存在であった。大部分は大宮台地上に位置するが、西・南部には荒川低地が、中央部には高沼(こうぬま)低地がある。国道17号、新大宮バイパス、首都高速埼玉大宮線、同埼玉新都心線が通じ、JR京浜東北線、埼京線が通じる。中央部の本町地区は中世には市が立ち、江戸時代は脇往還(わきおうかん)の宿駅と市場町を兼ね、4、9の日には市(いち)が立った。1912年(大正1)与野駅の開設、1933年(昭和8)電化と戸田橋(とだばし)―大宮間に新国道(17号)が開通すると、沿道には自動車およびその関連産業が興隆した。西部に住宅が進出し、高層住宅が増加した。妙行(みょうぎょう)寺の大カヤは国指定の天然記念物。[中山正民]
『『与野市史』全5巻(1980~1984・与野市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

与野の関連情報