串本(町)(読み)くしもと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

串本(町)
くしもと

和歌山県南部、東牟婁(ひがしむろ)郡にある町。紀伊半島最南端にある。1897年(明治30)西牟婁郡串本村が町制施行して成立。1924年(大正13)西牟婁郡富二橋(ふじばし)村、1955年(昭和30)西牟婁郡潮岬(しおのみさき)、有田(ありだ)、田並(たなみ)、和深(わぶか)の4村、1958年東牟婁郡大島(おおしま)村を編入。2005年(平成17)東牟婁郡古座町(こざちょう)を合併、このときに西牟婁郡から東牟婁郡に所属が変更となった。JR紀勢本線(きのくに線)、国道42号が海沿いを並行して走る。海岸部から潮岬、大島にかけては典型的な隆起海岸段丘がみられる隆起地形である。中心地区の串本は潮岬を陸繋(りくけい)した砂州(さす)上にあり、対岸の大島港とともに、古くから捕鯨で知られ、現在も遠洋漁業の根拠地、また避難港。かつお節などの水産加工や養殖漁業が盛んで、県の水産試験場もある。1999年には大島と本土が、くしもと大橋で結ばれた。旧古座町地域は木材の集積地で、製材も行われている。町域の一部は吉野熊野国立公園に含まれ、有田には海域公園がある。無量寺は長沢蘆雪(ろせつ)の絵を多く蔵し、蘆雪寺ともよばれ、境内にある串本応挙蘆雪館(くしもとおうきょろせつかん)で絵の展示が行われている。なお、串本沿岸海域は2005年に、ラムサール条約登録湿地となった。面積135.67平方キロメートル(境界一部未定)、人口1万6558(2015)。[小池洋一]
『『串本町史』全2巻(1988、1995・串本町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

串本(町)の関連情報