コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串本[町] くしもと

百科事典マイペディアの解説

串本[町]【くしもと】

和歌山県南端,東牟婁(ひがしむろ)郡の町。本州最南端の潮岬(しおのみさき),大島がある。本土と潮岬を結ぶ砂州上の中心市街はかつては廻船の寄港地として栄えたが,現在はマグロ遠洋漁業基地,避難港として重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしもと【串本[町]】

和歌山県南端,西牟婁(にしむろ)郡の町。1955年潮岬,有田,田並,和深の4村と合体し,58年対岸の大島村を編入した。人口1万6382(1995)。紀伊半島の先端に位置し,中心市街は潮岬のある陸繫島と本土を結ぶ砂州の上に立地している。近世の大坂~江戸の廻船ルートにあたり,砂州の西側にある袋港は廻船の寄港地として栄えたが,1940年現在の紀勢本線が開通して以後急速に衰えた。温暖な気候を利用して野菜,果樹の暖地栽培も行っているが,町の特色は漁業と観光である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報