コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久美浜[町] くみはま

百科事典マイペディアの解説

久美浜[町]【くみはま】

京都府北西端,熊野郡の旧町。北部に久美浜湾久美浜湖)があり,湾岸に主集落が発達,北近畿タンゴ鉄道が通じる。海岸砂丘でナシ,モモ,ブドウやチューリップを栽培,機業も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くみはま【久美浜[町]】

京都府北西部,熊野郡の町。人口1万2338(1995)。北は日本海に面し,南と西は兵庫県に接する。小天橋(しようてんきよう)と呼ばれる砂州で湾口をほぼふさがれた久美浜湾があり,北流する川上谷川,佐濃谷川がここに注ぐ。両河川の川沿いの低地以外は丹後山地で占められ,山林でおおわれる。久美浜が中心集落で,江戸時代は天領の代官所がおかれ,1868‐71年(明治1‐4)には久美浜県の県庁が設けられていた。農業は米のほか,チューリップ,スイカなどを産し,また沿岸漁業やカキ養殖も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久美浜[町]の関連キーワード山陰海岸国立公園

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android