コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二宮(町) にのみや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二宮(町)
にのみや

神奈川県中南部、中(なか)郡にある町。もと吾妻(あづま)村といっていたが、1935年(昭和10)の町制施行とともに二宮町と改称した。町名は、川匂(かわわ)神社が古代から旧相模(さがみ)国の二宮(にのみや)であったことにちなむ。JR東海道本線、国道1号と日本道路公団の小田原(おだわら)厚木道路、西湘(せいしょう)バイパスが通じている。二宮駅前の商店街が中心市街地。北に大磯(おおいそ)丘陵を負っているため気候が温暖で、早くから野菜の促成栽培が盛んで、ラッカセイも特産。丘陵の斜面はミカン園に開かれ、県立園芸試験場があったが、1995年(平成7)平塚市に移転し、跡地は二宮果樹公園となっている。南部の海は山西浦また袖(そで)ヶ浦とよばれ、魚族の豊富さと良質なことで知られ、シラスが有名、磯釣りの名所としても知られる。もともと湘南別荘地の一つであったが、近年海岸段丘上や丘陵の住宅地開発が著しい。西部の旧東海道に沿う梅沢茶屋町は立場(たてば)(宿場間の休憩場)で、いまもその名残(なごり)をとどめる。川匂神社では1月に1年間の農業の豊凶を占う筒粥(つつがゆ)神事が行われる。二宮駅近くの吾妻山公園には展望台があり、山の麓(ふもと)に吾妻神社がある。面積9.08平方キロメートル、人口2万9522(2010)。[浅香幸雄]
『『二宮町史』全4巻(1990~1994・二宮町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二宮(町)の関連キーワード神奈川県中郡二宮町富士見が丘神奈川県中郡二宮町百合が丘神奈川県中郡二宮町緑が丘神奈川県中郡二宮町山西神奈川県中郡二宮町二宮神奈川県中郡二宮町川匂神奈川県中郡二宮町一色神奈川県中郡二宮町中里神奈川県中郡二宮町松根芳賀広域合併構想徳富蘇峰記念館湘南ベルマーレ塩崎 まさ子西山 弥太郎神奈川県中郡西湘バイパス栃木県真岡市露木卯三郎水島保太郎二見庄兵衛

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android