コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五箇条の誓文 ごかじょうのせいもん

大辞林 第三版の解説

ごかじょうのせいもん【五箇条の誓文】

慶応4年(1868)3月14日、明治天皇が神に誓うかたちで公布した維新政府の基本姿勢。由利公正・福岡孝弟の草案を木戸孝允らが修正。「広く会議を興し万機公論に決すべし」「上下心を一にして盛に経綸を行ふべし」「官武一途庶民に至る迄各其志を遂げ人心をして倦まざらしめん事を要す」「旧来の陋習ろうしゆうを破り天地の公道に基くべし」「智識を世界に求め大いに皇基を振起すべし」の五か条。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五箇条の誓文の関連キーワード万機公論に決すべし天皇人間宣言木戸 孝允五榜の掲示由利 公正六人部是愛由利公正福岡孝弟木戸孝允明治天皇公道由利経綸人心草案下心旧来天地

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五箇条の誓文の関連情報