コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡孝弟 ふくおか たかちか

9件 の用語解説(福岡孝弟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

福岡孝弟

勤王家。土佐藩士。号は南蘋。将軍徳川慶喜大政奉還を勧告、公議政体論を主張した。新政府の成立に当って参与となって議事制度の確立に尽力した。由利公正五箇条の誓文の原案を起草した。元老院議官・参議兼文部卿・枢密顧問官を歴任した。大正8年(1919)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくおか‐たかちか〔フクをか‐〕【福岡孝弟】

[1835~1919]政治家。土佐の人。後藤象二郎らと大政奉還徳川慶喜に勧告。五箇条の御誓文の起草に参加。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

福岡孝弟【ふくおかたかちか】

明治の政治家。通称藤次(とうじ)。土佐(とさ)高知藩士出身。1867年後藤象二郎とともに,将軍に大政奉還を説いた。維新政府成立とともに参与となり五ヵ条の誓文の起草に加わった。
→関連項目海援隊薩土盟約吉田東洋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福岡孝弟 ふくおか-たかちか

1835-1919 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)6年2月5日生まれ。土佐高知藩士。吉田東洋の門下。慶応3年(1867)後藤象二郎らと将軍徳川慶喜(よしのぶ)に大政奉還をすすめる。翌年五箇条の誓文の起草に参加。新政府の文部大輔(たいふ),司法大輔,元老院議官,参議兼文部卿などをつとめた。大正8年3月7日死去。85歳。通称は藤次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

福岡孝弟

没年:大正8.3.7(1919)
生年:天保6.2.5(1835.3.3)
幕末の土佐(高知)藩士,明治政府官僚,政治家。高知城下生まれる。吉田東洋の薫陶を受け後藤象二郎,野中助継らと吉田派の中心におり安政6(1859)年大監察。東洋遭難後は逼塞したが,隠居山内容堂(豊信)の帰郷後,藩政指導部に復帰,大監察,仕置役を歴任,容堂の公武合体路線に沿って行動。慶応3(1867)年大政奉還運動では後藤と藩を代表して成功させた。同年12月維新政府の参与として基本綱領策定の必要性を提唱,翌4年1月に五箇条の御誓文を起草。議事体裁御取調御用,明治2(1869)年学校御用掛。3年2月高知藩庁に転じ,少参事,権大参事として藩政改革,財政整理に尽力。5年政府に出仕,文部大輔,司法大輔,征韓論政変後に辞職。7年左院1等議官に暫時任じた。8年政変で元老院議官,政府部内の薩長両派と土佐派の緩衝役を務めたが,下野。13年元老院議官に復帰,14年文部卿,同年参議に昇任して18年内閣制度施行まで勤めた。この間,参事院議長も兼任。17年子爵。18年宮中顧問官,21年から他界するまで枢密顧問官。<著作>「五箇条御誓文と政体書の由来に就いて」(国家学会編『明治憲政経済史論』)

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくおかたかちか【福岡孝弟】

1835‐1919(天保6‐大正8)
幕末・維新期から明治期にかけての政治家。通称は藤次。土佐藩出身。吉田東洋門下として藩政に参画・活躍したが,1867年(慶応3),参政となって後藤象二郎とともに大政奉還運動を進めた。維新政府にあっては参与となり,由利公正(三岡八郎)の起草になる五ヵ条の誓文を公議政体論を反映した形に修正したことは有名。70年(明治3),土佐藩権大参事として板垣退助と藩政改革を推進し,以後,明治政府の文部大輔,司法大輔,元老院議官,参議兼文部卿,参事院議長,枢密顧問官などを歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくおかたかちか【福岡孝弟】

1835~1919) 政治家。土佐藩出身。山内容堂の意を受けて二条城で徳川慶喜と会見、大政奉還を促した。維新後は、由利公正と「五箇条の御誓文」を起草、文部大輔・文部卿を歴任。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福岡孝弟
ふくおかたかちか

[生]天保6(1835).2. 高知
[没]1919.3.6. 東京
明治の政治家。「こうてい」ともいい,孝悌とも書く。通称藤次。土佐藩士,吉田東洋に学び,24歳で郡奉行。慶応3 (1867) 年山内豊信の命を奉じ後藤象二郎らとともに徳川慶喜に大政奉還を献策。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福岡孝弟
ふくおかたかちか
(1835―1919)

幕末・明治時代の官僚、政治家。天保(てんぽう)6年2月土佐藩家老福岡家の支族に生まれた。藤次と称す。1863年(文久3)藩主側役(そばやく)となり、幕末政局に土佐藩を代表して活躍、1867年(慶応3)参政に進み、10月同藩士後藤象二郎(ごとうしょうじろう)らと将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)に大政奉還を勧告した。王政復古直後の12月12日参与に任じられ議事制度の確立に尽力、五か条の誓文や政体書の起草にあたった。維新の功により賞典禄(しょうてんろく)400石を永世下賜。1872年(明治5)文部大輔(たいふ)ついで司法大輔、以後断続的に左院、元老院の議官を務め、1881年参議兼文部卿(きょう)、1884年子爵、1888年枢密顧問官。大正8年3月6日没。[毛利敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福岡孝弟の言及

【五ヵ条の誓文】より

…誓文の条目は,第1条に〈広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ〉と,公議の尊重を示し,第2条では,〈上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フ〉こと,第3条では,〈官武一途庶民ニ至ル各其志ヲ遂ケ〉ること,第4条では,〈旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基ク〉こと,第5条では,〈知識ヲ世界ニ求メ皇基ヲ振起〉することが述べられている。この誓文は王政復古ののち,公議政体派の由利公正が作成した〈議事之体大意〉,そしてその由利案に加筆修正した福岡孝弟(たかちか)の〈会盟〉案の流れをくんでいる。とくに福岡案は,大政奉還以来の土佐藩の藩論であった列侯会議の開催を意図し,天皇と大名との盟約で五ヵ条の国是の確立を行おうとするものであった。…

※「福岡孝弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福岡孝弟の関連キーワード伊藤和兌本土佐高知県土佐郡土佐町田井石井邦猷井原昂尾崎幸之進小林金五兵衛小八木五兵衛斎藤利行長岡謙吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone