コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)焼(き)刃 ツケヤキバ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐やきば【付(け)焼(き)刃】

切れない刀にはがねの焼き刃をつけ足したもの。見た目は切れそうに見えるが、実際はもろくて切れない。
その場をしのぐために、知識や技術などを一時の間に合わせに習い覚えること。にわかじこみ。「付け焼き刃の勉強」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

付(け)焼(き)刃の関連キーワード頰返しが付かない攪てる・撹てる遣り繰る攪てる厳峻邪見