せこい

大辞林 第三版の解説

せこい

( 形 )
〔役者・寄席芸人の隠語から〕
悪い。醜い。下手だ。くだらない。 「巧いね。是ぢや、喜代寿の三糸でも決して-・か無いね/初すがた 天外
少ない。けちだ。しみったれている。 「 - ・い奴だ」
料簡りようけんが狭い。いじましい。 「 - ・い考え」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

せこ・い

[形]
悪い。みにくい。へたである。主として明治期の芸人の間で使われた語。
「巧(うま)いね。是じゃ喜代寿(きよじゅ)の三糸でも決して―・かないね」〈小杉天外・初すがた〉
けちくさい。ずるい。料簡(りょうけん)がみみっちい。「―・い手を使う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せこいの関連情報