姑息(読み)コソク

デジタル大辞泉の解説

こ‐そく【×姑息】

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息
[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であることから、「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。
文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「息な手段」を、「一時しのぎ」の意味で使う人が15.0パーセント、「ひきょうな」の意味で使う人が70.9パーセントという結果が出ている。
[派生]こそくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こそく【姑息】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「礼記檀弓上」より。「姑」はしばらく、「息」はやむ意〕
根本的に解決するのではなく、一時の間に合わせにする・こと(さま)。 「 -な手段」 「因循-」 「無事を喜び-に安んずるの心/経国美談 竜渓」 〔現代では誤って「卑怯ひきようである」という意味に使われることが多い〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姑息の関連情報