伊勢路(読み)イセジ

百科事典マイペディアの解説

伊勢路【いせじ】

広義には伊勢神宮への路の総称で,大和(やまと)や熊野(くまの)方面からの路をもいい,参宮街道とも。一般には東海道から鈴鹿(すずか)駅で分岐して伊勢神宮に至るまでの道をいう。江戸時代には東海道四日市(よっかいち)の追分で分岐する伊勢街道を指し,(つ)・松坂(まつさか)など7ヵ宿は参宮人で賑わった。このほか東海道の関(せき)から津までを伊勢別街道と呼んだ。
→関連項目脇街道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いせじ【伊勢路】

広くは伊勢神宮への路すべてを指すが,一般には東海道から鈴鹿駅で分かれて,伊勢神宮に至る伊勢街道をいう場合が多い。江戸時代には脇街道の一つで五街道に次ぐ重要街道であった。四日市の追分で東海道から分岐し,神戸,白子,上野,津,松坂,小俣などを経て山田に至った。このほか東海道の関から津までを伊勢別街道と呼んだ。伊勢街道はとくに江戸時代伊勢参宮客でにぎわい,宿々には遊郭が繁盛した。今日は国道23号線となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いせじ【伊勢路】

伊勢神宮へ通ずる道。また、伊勢国を通る道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢路
いせじ

本来、伊勢神宮に参詣(さんけい)するための諸国からの参宮街道をいう。四日市(よっかいち)の日永追分(ひながおいわけ)で東海道と分岐し、伊勢平野を海岸に沿って南下、津、松阪を経て神宮に至るルートを伊勢(本)街道とよぶが、その沿線を含めた広い地域を伊勢路と称することもあり、伊勢国の別称ともなっている。江戸時代に盛んになった「伊勢参り」「お陰参り」でにぎわい、とくに1650年(慶安3)、1705年(宝永2)などのお陰参りの際は毎回200万~300万もの人が伊勢に向かったという。参宮ルートとしては本街道のほか、鈴鹿(すずか)峠を越えて津へ向かう伊勢別街道、伊賀上野から入る伊賀(大和(やまと))街道、名張(なばり)からの北街道、高見峠を越える南(和歌山)街道、南紀州から北上する熊野(くまの)街道などがあり、さらに海上から津や大湊(おおみなと)を経て神宮へのルートもあった。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いせ‐じ ‥ぢ【伊勢路】

脇街道の一つ。中古では、鈴鹿で東海道から分かれ、伊勢国の南部を縦貫して伊勢神宮に至り、さらに志摩国(三重県南部)の国府まで達する道。近世では、東海道日永追分より分かれ、神戸(かんべ)、津を過ぎて伊勢神宮に至る道。伊勢街道。参宮街道。五十丁。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伊勢路の言及

【街道】より

…途中の今庄から分かれて,敦賀,小浜,宮津を経て但馬の豊岡で山陰道に合する街道もある。
【近畿地方】
近畿に入ると,東海道の四日市または亀山から津,松坂を経て宇治山田に行く伊勢路が神宮参拝者でにぎわったが,さらに南下して尾鷲を通り,新宮,那智,本宮の熊野三社への熊野街道はさらに田辺,和歌山に達する。この間はすべて紀州藩領で,伝馬所が設けられていた。…

【東海道】より

…しかし1185年(文治1),源頼朝が駅制を定めて京都・鎌倉間の交通路の整備をはかったので,交通路としての東海道は近江,美濃,尾張,三河,遠江,駿河,伊豆,相模を通過するこの幹線道路をさすようになった。この道を平安時代,すなわち《延喜式》に記載された東海道と比較すると,まず鈴鹿峠を越える伊勢路が,関ヶ原を越える美濃路に変更されていること,また足柄峠を越えたのち相模国府(海老名(えびな)市)より武蔵国府(府中市)にむかって内陸部を進んでいた道が,海岸沿いに鎌倉へ直行するようになったこと,さらにより鎌倉への近道となる芦ノ湖南岸の箱根路,湯坂道が,従来の北の足柄道と同等に利用,整備されるようになったこと等がおもなちがいである。室町時代の京都・鎌倉間は《大乗院日記目録》(応仁2年(1468)12月15日条)によれば,その間120余里,63宿ある。…

※「伊勢路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊勢路の関連情報