伝通院(読み)でんずういん

  • 東京都

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都文京区小石川にある浄土宗の寺。無量山寿経寺(むりょうざんじゅきょうじ)と号する。1415年(応永22)了誉聖冏(りょうよしょうげい)により開創された。徳川家康の生母お大(だい)の方が遺命により当寺に埋葬され、再興後その法名をとって伝通院と称されることになった。以降、徳川家の外護(げご)を得て寺門は大いに栄え、寺領830石を寄せられ、浄土宗の学問所たる関東十八檀林(だんりん)の一に列せられた。しかし明治維新後は衰え、しかも堂宇は戦災により焼失したが、現在は本堂、書院、鐘楼などが再建されている。墓域には伝通院のほか、天樹院(てんじゅいん)(徳川秀忠(ひでただ)長女千姫(せんひめ))、本理院(ほんりいん)(徳川家光(いえみつ)正室)や、徳川家大奥代々の墓のほか、幕末の志士清河八郎、教育家杉浦重剛(すぎうらしげたけ)、作家佐藤春夫などの墓がある。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝通院の関連情報