佐久[市](読み)さく

百科事典マイペディアの解説

佐久[市]【さく】

長野県東部の市。1961年市制。千曲(ちくま)川が北流する佐久盆地の中央部と周辺山地を占め,北陸新幹線,小海線,中部横断自動車道が通じる。北部の岩村田は佐久甲州街道と中山道の宿駅,内藤氏の城下町として発達。南部の野沢は地方的商業町,隣接する中込(なかごみ)は小海線の駅を中心に発展。周辺は水田農業を主とし,薬用ニンジン,佐久ゴイを特産。1995年上信越自動車道の佐久―小諸間が開通,工業団地が造成され,電気機器工業などが進出している。旧中込学校(史跡)がある。2005年4月南佐久郡臼田町,北佐久郡望月町,浅科村を編入。423.51km2。10万552人(2010)。
→関連項目伴野荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さく【佐久[市]】

長野県東部,佐久盆地の中心都市。人口6万4206(1995)。1961年浅間町,野沢町,中込(なかごみ)町,東村が合体,市制。当時,浅間町に属していた岩村田は,中世大井荘の地で,江戸時代岩村田藩の陣屋町であった。明治以降は北佐久郡の行政中心地として発達。野沢は中世の伴野(ともの)荘の地で,江戸時代佐久甲州街道の宿場町であった。中込は千曲川をはさみ野沢と相対し,1915年佐久鉄道(現,小海線)の開通にともない中込駅が設置されてから発達した商業集落である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の佐久[市]の言及

【伴野氏】より

…鎌倉時代から戦国時代にかけて信濃国佐久郡伴野荘(長野県佐久市野沢,中込付近)を中心に勢力を張った武士。伴野氏は,甲斐源氏小笠原長清が鎌倉幕府草創期に伴野荘地頭となり,その後六男時長がこれを相伝したことに始まる。…

【伴野荘】より

…現長野県佐久市野沢を中心とした地域にあった荘園。鎌倉時代初頭,院領であったことが《吾妻鏡》により知られる。…

※「佐久[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android